プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ビップ~VIP~ - 美咲

インタビュー ビップ~VIP~ - 美咲

この私を組み敷いて征服して下さい。
「ビップ~VIP~」美咲さんのプロフィール写真

「ビップ~VIP~」美咲さんのプロフィール写真

「ビップ~VIP~」美咲さんのプロフィール写真

「ビップ~VIP~」美咲さんのプロフィール写真

「ビップ~VIP~」美咲さんのプロフィール写真

美咲 - ビップ~VIP~ - 2015.02.23
身長168cmの美咲さん。彼女はこのカラダの魅力を自分でしっかり分かってる女の子。体位、魅せ方、見られ方など。でも、これを安易な計算で見せちゃうのではなく、ちゃんと自分から沸き起こるエ○チな気持ちに乗せてお客さんと楽しむのが上手なんです。要はまぁ、エロエロな女の子ってことです。


まず触れずにいられないのが、背が高い。
「うふふ。そうですね。たぶん、お店の中で1番高いんじゃないですかね」
168cmだもんね~。ちなみに…。
「あ、運動は何もしてなかったですよ」
あはは。先読みされたっ!
「うふふ。もう、これはパターンですもんねぇ~。絶対に聞かれちゃいますもん」
確かに。僕も安易な質問だと思いながら、ついつい聞いちゃったよ。
「ですよね~。それ、私も分かります。私も背が高い人と初めて会ったら聞いちゃいますもん。記者さんも身長高いですもんね」
そうなんだよ。だから僕もよく聞かれるんだよね~。
「何かされてたんですか?」
僕はバスケを。
「そうなんだ~。いいな~」
あはは。いいなって。
「いやいや、そう答えられる何かがあるのがいいな~って。私、ほんとに何も運動してなかったんですよね。なので、絶対にバスケとかバレーやってたでしょ? って思われるんですけど、やってないから、なんかがっかりされちゃう感じになっちゃうんです。期待に応えられなくてごめんなさいって」
あはは。そんなあるあるもあるんだ。
「そうなんです。そもそも世間の人ってみんな、身長高い人のことをバスケとかバレーやってたから背が伸びたって思っていません?」
そうそう。それ、逆なんだよね~。
「ですよね~。そうじゃなくて、たまたま身長高い人がそういうスポーツしてただけっていうね」
そうなんだよね~。それ、凄く分かる。僕も子供の頃からただ大きかっただけだしね。
「あはは。そうなんですね~。私もそうなんです。父が長身なので、もう完全に遺伝で身長高くなったんですよね」
へ~。ちなみに、学生時代は何部だったの?
「えっと、調理クラブでした」
調理クラブ!? めっちゃ家庭的じゃんっ!
「うふふ。珍しいですかね。カテゴリーとしては、家庭科部って感じなんですけど、主にしてるのは調理関係ばっかりって感じでした」
へ~。
「まぁ、実際に料理をするのは月に2回で、それ以外の日はメニュー作りをしたり、使う素材の産地とか栄養素を調べたりとかでしたけど」
なるほど。じゃあ、料理は得意なんだ?
「そうですね。一応、一通りはなんでも出来ると思います」
いいね~。得意料理は?
「プロフィールにも載せてるんですけど、簡単一品料理っていう感じですかね」
お~。いいね~。
「居酒屋とかで出てくるような、ちょっとした一品って感じですよね。私、お酒は飲めないんですけど、お酒のあてになるようなおかずが好きなんです」
いいね~。超いい奥さんになれるじゃん。
「うふふ。ご飯は喜んでもらえると思いますね」
最近作った料理は?
「え~っと、お豆腐と青菜の煮びたしとか、トマトの肉詰めとか」
すご~い。完全にお店で出てくるような手の込んだやつだ。
「うふふ。いまのメニューは偶然最近作ったってだけで、毎日そんな手の込んだのはしてないですけどね」
いや~、それにしてもだよ。女の子らしくてとても良いと思う。
「ありがとうございます。私、身長が高いから、よく強そうな女の子に見られちゃうこと多いですからね。内面はしっかりと女の子でいたいなって思うので」

その身長は、お店ではどう活かされてるかな?
「まず感じるのは、お客さんが全力で私にぶつかって来てもらえるんじゃないかなって思います」
ほう。というのは?
「小柄な女の子とだと、やっぱり恐る恐るになっちゃうというか、必要以上に気を使ってエ○チしちゃうことがあると思うんですけど、その辺の遠慮はなくっても大丈夫ですよって感じで」
そういう事か~。でも、かと言って、美咲さんに強く当たっちゃうのも違うでしょ?
「まぁ、それはそうなんですけどね。もちろん優しくはして欲しいんですけど、気持ちの部分ではやっぱり、小さい女の子に対してはお客さんってけっこう遠慮がちになっちゃうことが多いみたいなんです」
なるほど。確かにそれは分かるかも。
「お客さんにも、『美咲ちゃんとだと、興奮したままの気持ちを全力でぶつけてエ○チが出来るんだよね』って言ってもらえたりもしますし」
へ~。
「これは、私も体感的に分かる部分があるんですよね。あ、いまお客さん、遠慮無しに素直に気持ちを私にぶつけてきてくれてるな、って」
うんうん。
「これを感じると私もすっごい嬉しいんですよね。やっぱり、初めましてで会った関係性ですけど、エ○チする以上は中途半端な感じになるのはイヤだなって。せっかくなんだから、不完全燃焼じゃなくて、完全燃焼出来る全力のエ○チがしたいなって思うんです」
いいね~。じゃあ、お客さんの気持ちも強く持たせてくれるんだ。
「はい。あとは、逆にお客さんが小柄な人の場合は、大きい私を組み敷いてエ○チすることで、『あ~、俺、いまこの女を征服してる~』って感じてもらえてるみたいなんです」
ほう~。その心理も面白いね~。
「これも、私がこれだけ身長高いからこその興奮だと思うんです。普通はね、女の子のほうが男性より背が低いのが当たり前だと思うので」
背が高いと一言に言えど、いろんな楽しみ方があるんだね~。
「そうなんですよね。私もせっかく他の女の子とは大きく違いがあるんだから、それを存分に楽しんで頂いたほうが嬉しいんですよね」
逆に、背が高い子に攻められたいっていう性癖もあるだろうね。
「それもありますね~。これは男性の身長が高い低い関係なくでありますね。攻撃的な攻めじゃなくても、例えば後ろから手を回してギュッてハグをするだけでも全然違うって言われますしね。『女の子に包まれるって、初めての感覚だわ~』って言われたりします」
あはは。違う意味での、包容力だ。
「そうなんです。物理的な包容力ですよね。気持ちじゃなくて、カラダで包んじゃうっていう」
いいね~。あと、体位もいろんな事出来そうだよね。
「出来てると思います。いろんな体位をリクエストされること多いですし」
うんうん。どんな体位を?
「立ちバ○クはけっこうありますし、四つん這いになって~とか、足を大きく開いて折り曲げて~とか」
大きく開くのも出来るんだ?
「そうですね。カラダは柔らかいので、けっこう開けちゃいますよ」
いいね~。美咲さんが好きな体位は?
「なんでも好きですけど、私的には正○位が好きかな~。お客さんの顔見れるし、ハグも出来るし。単純にアソコの摩擦としても、正○位が1番気持ち良いです」
うんうん。じゃあ、苦手な体位って?
「苦手なのはなんだろ~。バ○クも四つん這いも大丈夫だしな~。しいて言うなら駅○はちょっと怖いかも。私が身長大きいので、落ちちゃわないか心配になっちゃいます」
あはは。それは確かに。
「なので、危険さがなければなんでも大丈夫ですかね。鏡の前で立ちバ○クしてて、片足持ち上げられて犬のオシッコみたいになるのもけっこう長時間出来ますし」
体力もあるんだ。
「そうですね。まぁ、お客さんが支えてくれてますしね。やっぱり何よりもなのは、お客さんがしたい体位で興奮してもらって、それを私に伝えて欲しいって感じなんですよね」
じゃあ、騎○位はどうかな?
「騎○位も好きですよ。騎○位こそお客さんがまず喜んでくれる体位ですもんね。なので、その喜びを私にも分けて下さいって感じで楽しいです。ほんと、お客さんに興奮してもらうのが私のエ○チの始まりなので」

お店での流れは?
「私、1回戦目はけっこう私のペースでガッツリ襲ってフィニッシュまで行っちゃってるかも」
ほう。攻め好きなんだ?
「攻め好きというか、ますは私のやるべきことを1回まっとうさせてもらってる、って感じなんですかね。これ、お仕事的なとか、決まったルーティーンを無理にしちゃってるとかそういう訳じゃないんですけど、まずは1回全部私にサービスさせて下さいって気持ちがあるんです」
なるほどね。じゃあ、どんな展開で1回戦を?
「だいたいは私は着衣のままで、もう入れちゃうってことが多いですかね。お部屋入ってご挨拶して、そのまま絡み合いつつお客さんの服だけ脱がしてフ○ラして押し倒して跨って挿○、って感じで」
スピーディーだね~。まさに、襲っちゃうって感じだ。
「はい。やっぱり1回戦目は興奮度が高いですからね。もう、勢いのままでしちゃえ~、って感じで」
いいね~。
「あと、結果的にですけど、シチュエーションにもメリットありますしね。1回戦は着衣。2回戦、3回戦は裸って感じで」
なるほど。着衣のままのエ○チは、確かに1回戦だからこそだもんね。
「そうなんです。まぁ、こういう事よりももっと重要にしてるのは、1回戦を私のリードでさせてもらうことで、お客さんの全てをまず把握させてもらってるっていうのもありますけどね。性感帯とか攻め受けの好みも全部。少しずつイチャイチャしながら探っていくエ○チもいいんですけど、出来ることなら一気に分かっちゃったほうが早いじゃない、って」
あはは。大胆なんだね~。
「うふふ。そうですね。けっこう短気なのかも知れないです。変に駆け引きしたりじゃなく、シンプルに分かりやすくって感じが好きなんですよね」
うんうん。
「あとは、お客さんにはこうやって襲われちゃうことも楽しんで欲しいなって。あんまりこんなに襲っちゃう女の子いないみたいですし」
確かに。こんな襲われ方したら、誰でも興奮しちゃうと思うわ。
「うふふ。やっぱり、お客さんには非日常を楽しんで欲しいですしね」
いいね~。サービス精神もたっぷりだね~。
「あ、でも、こうやって流れを話はしましたけど、これが基本プレイなんだって思われるのもなんかイヤだな~。お決まりの流れでやってるんじゃなくて、気持ちが勝手にそうなっちゃうって感じなんですよね~。なので、いきなり襲っちゃう以外にも別の流れで1回戦することもあるっていうのは分かってて欲しいですね~」
うんうん。そうだね。美咲さんの魅力はそんな浅はかな物じゃないよ。それは僕が保障します。
「うふふ。ありがとうございます」


[PLAYGIRL/レッドキング]




美咲(23才)
T168/B86(C)/W59/H89

ビップ~VIP~』 - 堀之内
TEL:044-211-0594

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved