プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. 曼陀羅~マンダラ~ - さら

インタビュー 曼陀羅~マンダラ~ - さら

攻め返して欲しいから、まず私から攻める。
「曼陀羅~マンダラ~」さらさんのプロフィール写真

「曼陀羅~マンダラ~」さらさんのプロフィール写真

「曼陀羅~マンダラ~」さらさんのプロフィール写真

「曼陀羅~マンダラ~」さらさんのプロフィール写真

「曼陀羅~マンダラ~」さらさんのプロフィール写真

さら - 曼陀羅~マンダラ~ - 2015.04.09
「前戯って、とっても大事だと思うんです」。そう言う、さらさんは、彼女なりの前戯の充実のさせ方にこだわりがあるようでした。挿○に至るまでの前戯の楽しみ方を、彼女はいろいろと教えてくれましたよ。


趣味の欄に、ふなっしーグッズ集めとあるけど?
「うふふ。そうなんです。ふなっしーが流行ったときのピークの頃は、けっこういろんなグッズ集めてましたね」
ほう。その言い方だと、もうブームは去っちゃった?
「そうですね~。いまは、妖怪ウォッチのジバニャンがブームです」
あはは。どっちにしろ、ゆるキャラが好きなんだ。
「うふふ。そうですね。でもまぁ、ふなっしーから私のゆるキャラ好きに火が付いちゃったんですけどね」
うんうん。確かに、すごいブームだったもんね~。
「はい。でも、最初はふなっしー、恐かったんです。動きとかもめっちゃ激しいし。でも、話し方とか話し声を聞いてると、人柄の良さを感じたと言うか…、いや、梨柄の良さを感じたと言うか…」
あはは。梨の妖精だもんね。
「うふふ。そうなんです。そういう設定もおもしろいし、話もおもしろいしでどんどんハマってっちゃったんですよね」
なるほど。じゃあ、プロフィールにもある、好きな男性は話し上手な人っていうのも?
「あ、そうですね。やっぱり、お話が上手というか、一緒にいて盛り上がれる人が好きなんです」
うんうん。ちなみに、どんな会話が好きなの?
「会話の内容はなんでも大丈夫なんですけど、会話のテンポと言うか、キャッチボールが上手な人が好きなんですよね。ちょっと会話に詰まっちゃったりとかした時に、すっごい上手に話を変えてくれたりするような人いるじゃないですか」
お~。これはけっこうな話し上手な人ってこと?
「いえいえ、そんなハードル上げたつもりじゃないんですけどね。まぁ、気遣いができる人って感じなんですかね。気遣いが上手な人って、そういう会話の振り方も上手だったりするので」
トーク上手=気遣い上手と。
「はい。間の置き方とかが上手な人に、グッと来ちゃうんですよね~」
あはは。間の置き方だなんてっ! けっこうトークについてこだわりがあるんだね~。
「うふふ。そうなんですかね。でも、お話ってけっこう大事だな~って思います」
さらさん自身のトーク力については?
「私もそんな偉そうなこと言える訳じゃないんですけどね。でも、気をつけてる部分はいくつかありますね。声のトーンとか、言葉遣いとかはちゃんとしようって」
うんうん。
「マジッすかぁ~、とか、そぉ~なんすよぉ~、とかって言うのはちょっと違うかなって。現代風な言葉遣いって言うのかな。そういうのは私が使うのは違うと思うので、使わないようにしてますね」
へ~。
「やっぱり、ラフな感じになっちゃうと、エ○チな雰囲気も壊れちゃうこともあると思いますし」
なるほど。そういう気遣いからなんだ。
「そうですね~。まぁ、もしかしたらダメな部分も出ちゃってるかも知れませんけど、できる限りはちゃんとしようって心掛けてます」
会話が上手くいくと、エ○チにも違いは出る?
「出ると思います。エ○チが始まる前にちゃんと会話して、お互いの事を知ったりとか、緊張を和らげ合ったりすることでエ○チの内容も良くなると思いますし」
なるほど。じゃあ、まず1回戦の前にはちゃんとトークしたいと。
「あ~、でも意外と1回戦前はあんまりお話してないです。相手のことを知らない状態で始めちゃうことが多いですね」
ほう。これは意に反しての展開だけど?
「まぁ、詳しく言うと、1回戦のエ○チをするまでにはなんとな~くの情報があれば十分って感じなのかな。上着預かったりとか、そういうのをしてる間の会話だけで、なんとなくその人のニュアンスが分かるので。で、1回戦終わって、そこで休憩しつついろいろお話をして、そこでやっとお客さんのことを深く知ってから2回戦にっていうのがいいんですよね。そうすると、1回戦よりもいろんな情報が入った状態で2回戦になるので、2回戦が1回戦とは全然違うエ○チになれるので」
なるほど。ちゃんと2回戦以降のことを考えての展開と。
「はい。なので、1回戦目はけっこうすぐに始まっちゃってる感じなんですよね」
うんうん。じゃあ、1回戦に入るまでの流れを教えて?
「上着を預かって掛けたら、すぐに近くに寄って行って、もうチュ~ってしちゃいます。ベ○ドで横並びに座って、チュ~しながら服をどんどん脱がせて行く感じで」
いいね~。けっこう積極的なんだ。
「そうですね。最初は私から手を出していっちゃいますね」
うんうん。絡んで縺れての展開と。
「はい。そうなると、服の上からもお互いで触りあったりになるじゃないですか。あれがけっこう好きなんですよね。服の上から触られる感覚、気持ち良くって好きなんです~」
いいね~。
「それで、触り合いながら服脱がせたら、そのまま私はお客さんの全身にいっぱいキスしつつ、フ○ラもしちゃいますね」
お~。どんどんと攻めてくれるんだ。
「はい。まぁ、攻め攻めで攻め倒すと言うより、イチャイチャしてる中で、ただ単に私が先に攻めちゃってるって感じですけどね。やっぱり後半はお客さんにも攻め返して欲しいので」
なるほど。これは、攻め返して欲しいからこその、先手だと。
「うふふ。そうなんです。あとでの仕返しを楽しみしちゃってるんですよね」
いいね~。作戦があるんだ。
「えへへ。まぁ、いまは無意識になんですけどね。前はやっぱり、どうしたらいいのかな~って考えたりすることも多くて、それで最初に攻めて攻め返されて~、とかって考えていまみたいに動いてたんですけど、そういうのがカラダに馴染んじゃってると言うか、いい意味で自然とそれを楽しんじゃってるんですよね」
いいね~。考えた行為が自分にハマったんだ。
「はい。そんな感じなんだと思います。もしくは、そもそもでそういうのが好きだったのか」
あはは。作戦も何も、ただただ好みだったと。
「うふふ。そうなんです。もしかしたら、そっちなのかな」
うんうん。じゃあ、そのまま攻めると?
「フ○ラもそのまましちゃいますね。お客さんが感じてくれてる姿を見ながら、いっぱい舐めちゃうって感じですかね。お客さんの反応見るのはすっごい楽しいです。フ○ラ、大好きですね」
いいね~。どんな反応が見られると嬉しい?
「感じちゃって、声漏れ出ちゃってる~、って感じですかね。やっぱり、みんながみんな声出ちゃう訳じゃないので、声出させれたら、やった~、感じてるんだ~、って思って嬉しくなっちゃいます」
うんうん。声出させようと狙ってる、とも言えるかな?
「うふふ。そうですね。そうとも言えるかも。やっぱり、声出ちゃうってことは、それだけ感じてくれてるってことなので、そこまで感じさせたい気持ちはありますよね」
舐め方にこだわりは?
「吸います。けっこう吸います」
おっ。即答だね~。
「うふふ。これ、以前にお客さんに教えて貰って、そこからも研究を重ねたんですよね」
へ~。その教えがなかったら、吸うフ○ラはしてなかった?
「してなかったと思います。やっぱり、どうしたら気持ち良いのかって言うのもあんまり分からなかったですし、人によっても感じ方は全然違うから、フ○ラするにしてもなんとなくでしか出来ないものなんだろうなって感じでした」
へ~。
「でも、そのお客さんが好みだった、吸うフ○ラを教えてもらって、そこから、まずは吸うフ○ラをベースにしてみて、そこからそのお客さん毎に好みのフ○ラはどんな感じなのかな~って変化させていく感じのスタイルにしたんですよね。そしたらけっこう喜んでもらえることも多くなった気がするんです」
いいね~。
「なので、私のフ○ラは、優しく、そして吸うってところからスタートして、そこからお客さんに合わせてって、って感じなんです」
うんうん。そして、フ○ラのあとは?
「今度はベ○ドの上に膝立ちになって、お客さんの目の前にオッパイが来るような体勢になっちゃいます。それで、オッパイ舐めて貰うって感じで」
お~。反撃を求めて自ら。
「うふふ。そうですね。やっぱり、攻め返して欲しいので」
うんうん。そのアシストも、さらさんからしてくれんだ。
「はい。フ○ラいっぱいしたあとは、私も攻めて欲しい~って気持ちがいっぱいになってくるんですよね。なので、自分からオッパイをお客さんの顔に持ってっちゃうんです」
これ、さらさんからじゃなく、お客さんからガバッと反撃されて、寝かされたりは?
「それでもいいんですけど、その勢いがすごすぎて、簡単に攻め返されてすぐに挿○っていうのはイヤなんですよね。慌てた感じじゃなく、じっくりと、ジワジワと攻め返されたいって気持ちがあるので」
ほうほう。
「なので、私が膝立ちになってオッパイ舐めてもらうのも、やっぱりこれぐらいの体勢をまずされるのが好きなんですよね。いきなり攻守交替ってなるんじゃなくて、徐々に攻守交替のバトンを渡したいというか」
なるほどね~。その経過も楽しみたいんだ。
「そうなんです。やっぱり前戯って大事ですもんね。勢いで飛び飛びになるんじゃなくて、ひとつひとつ積み上げて行きたいんです」
うんうん。攻め返される中で、必ずして欲しい行為は?
「それも、オッパイを舐めるのですね。私、オッパイが性感帯なので。オッパイは絶対舐めて欲しいです」
いいね~。じゃあ、自分からオッパイ持って行ったのも…。
「うふふ。自分で性感帯をお客さんの目の前に、ですよね」
うんうん。じゃあ、舐められての反応は?
「優しく舐められると、すっごい感じちゃいます。声も漏れ出ちゃいますし」
フ○ラのときと、立場逆転だ。
「うふふ。そうですね。それで、オッパイ攻められてからは、もう完全にお客さんが攻めるターンに完全バトンタッチって感じですね」
うんうん。じゃあ、アソコについては?
「アソコは、クリ派なのでいっぱい舐めて欲しいです。触られるのは痛くなることがあるので、舐められたいです」
それで、イクことは?
「時間がかかりますけど、いっぱい舐められてるとイッちゃいますね。イクのは気持ち良いので、イキたいのはイキたいんですけど、なかなかイケないこととかもあるので自分でイケるって確証はないんですけど」
へ~。じゃあ、もっとこうして欲しい、とかってリクエストしたりは?
「いや~、それは出来ないんですよね~。恥ずかしいので。私、攻められてるときはけっこう恥ずかしい感情が溢れちゃうんです。なので、見られながら舐められたりするのも苦手で…」
そうなんだ。意外かも。最初はあんなに積極的に攻めてたから。
「うふふ。そうなんですけどね。受けになると、けっこう恥ずかしいんです」
なるほど。じゃあ、ナカはどうかな?
「クリで感じさせてくれたら、指よりもオチ○チンが欲しくなっちゃうんです。指よりオチ○チンがいいですね」
ほうほう。じゃあ、好きな体位は?
「バ○クが好きです。バ○クだと、いい位置に当たるんですよね」
へ~。他の体位とは全然違う?
「そうですね。もちろん、正○位とかも好きなんですけど、やっぱり1番はバ○クなんですよね」


他に、さらさんが好きなプレイって?
「マ○トが好きです。マ○トをするかしないかで言うと、けっこうしたいタイプなんです」
ほう。じゃあ、いまよりももっと希望するお客さんの割合が増えて欲しい?
「はい。まだまだ寒い時期だからか、最近はしたいって言う人少ないんですよね」
なるほど。さらさんがマ○トを勧める理由は?
「単純に、好きなんです。やってて楽しいと言うか」
ほう。これも、お客さんの反応を求めて?
「そうですね。感じてくれてるお客さんを見るの、楽しいですね」
マ○トだと、お客さんの反撃は少ないけど?
「いえいえ、お客さんが楽しんでくれてる、感じてくれてる、って私も感じれるのが、反撃だと思います。感じて声出ちゃったり、反応を見せてくれることで、私も興奮しちゃいますから」
なるほど。じゃあ、マ○ト技術的にはどうかな?
「まぁ、そんなに得意ですって言える訳じゃないですけど、でも好きなので、なので、喜んでもらえるとは思います」
うんうん。いいね。その理由だけで十分だと思う。
「うふふ。ありがとうございます。ほんと、マ○トもぜひぜひなんですよね」


[PLAYGIRL/レッドキング]




さら(20才)
T155/B82(B)/W56/H80

曼陀羅~マンダラ~』 - 南町
TEL:044-224-8181

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved