プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブハウスシェル - 杏理

インタビュー クラブハウスシェル - 杏理

【NO.1インタビュー/後編】Mットでは呼吸を合わせて。NO.1の極意!
「クラブハウスシェル」杏理さんのプロフィール写真

「クラブハウスシェル」杏理さんのプロフィール写真

「クラブハウスシェル」杏理さんのプロフィール写真

「クラブハウスシェル」杏理さんのプロフィール写真

「クラブハウスシェル」杏理さんのプロフィール写真

杏理 - クラブハウスシェル - 2015.08.08
昨日から引き続き、クラブハウスシェルのNO.1、杏理さんのインタビューです。今回は後編。前編では、彼女がいかに可愛らしい女の子なのか、また、不器用そうに見えながらも実は、隠しテクが多彩な女の子なんだな、と感じました。果たして後編ではどうでしょう…。彼女がNO.1たる魅力、ここからが本領発揮です!


前編で感じたのは、なんでも器用にエ○チに転換出来る女の子なんだなって。
「あ~、でも、それは確かに意識してるかも知れないですね。どんなことでも、エ○チと通ずる部分あるなって。全ての道は、エ○チに通ずる、みたいな」
あはは。全ての道はローマに通ずる、みたいに言うね~。名言出ちゃった!
「あはは。それかぁ~。なんか、パッと思いついて、言っちゃいました」
うんうん。これこそかもね。その、思い付き力と言うか、発想力。そして、実行力。
「えへへ。まぁ、そんな感じなのかな。そんなに難しく考えてないんですけどね。なんとなく」
うんうん。じゃあ、他にも関係なさそうなことで何か、エ○チに通ずるものって?
「たとえば、茶道なんかもそうだと思います。私、いま茶道を習ってて、いろんな作法とか、身のこなしとか、そう言うのは、完全にお店の接客で活かされてますしね」
ほう。茶道については、ブログでも書いてたよね。
「はい。特に、Mットのときって、茶道だな~って思いますし」
へ~。Mットが茶道? 挨拶とか所作は分かるけど?
「いえいえ、Mットって、茶道なんですよ。Mットの上での間合い、目線、空間へのおもてなし、そして動き」
ほ~っ! なるほど。
「あとは、L-ション溶くのも、お茶を点てるのと似てると言うか…」
あははっ! それは、ギャグ?
「うふふ。ほんとです、ほんとです。真剣にっ。L-ション溶くときも、お茶点てるときも、心静めて、真剣に調整しながら溶いてるので。だって、ヘタにすると、お茶もL-ションもダマが出来ますし…」
へ~。まさか、L-ション溶きが、お茶点てに通じてるとは…。
「あはっ。なので、浴室って、茶室なんですよね。広さもほら、ちょうど茶室のような感じですし」
うんうん。ふざけてるような話かと思ったら、意外と真面目なのね。そして、そう言われてみると、浴室が茶室に見えてきたかも…。
「うふふ。まぁ、こんなこと、他の女の子もお客さんも、みんな思ってないでしょうけど」
うんうん。だからこそだよね。話聞いてて、杏理さんの切り口が独特でおもしろい。それが、魅力的なんだよね。
「えへへ。ありがとうございます。私、ソープの千利休になりたいです。その世界を確立した人と言うか、極めた人と言うか。お師範みたいにと言うか」
あはは! おもしろいね~。ソープで悟り開きたい?
「うふふ。はい。でもほんと、これ、冗談のようですけど、茶道とMットって通じてるんですよね。やってて感じることいっぱいあるんです。でも、それが何なのか、いまはまだ未熟なのではっきり言えないんですけどね。でも、感じるものがあるんです。ゾーン状態って言うか」
ほう。ゾーン状態って?
「なんか、集中力が高まってるときのことなんですけどね(ネットで調べてみて下さい)。って、ちょっと難しいんですけどね。その状態で、Mット出来ると、めちゃくちゃ満足度高いMットが出来ちゃうんですよ。私も、お客さんにとっても」
へ~。具体的に、ゾーン状態でMット出来ると、どうなるの?
「まずはっきりあるのは、気持ち良さが全然違いますね。私も、お客さんも。ほんと、集中力なので、感度が全然違うんです」
なるほど。
「たとえば、集中力散っちゃってるMットって、全然気持ち良くないんですよね。お客さんも、新人の子のMットってあんまり気持良くないことがあるってよく聞くんですけど、それはもちろんそうで、滑ってコケないようにしなきゃとか、段取りをどうにかしなきゃとか、そもそもで不安定なところにいるだけでも集中出来ないもんですから。そう言うのを、安定してMットの上で上手に出来るって、大変なことなんですよ」
うんうん。
「なので、逆に、感じる、感じてもらうことだけに集中力使って滑れると、全然感じ方は違ってくるんですよね。いい集中の中でMット出来ると、本当に気持ちいいMットが出来ますから」
お~っ。素晴らしいね~。なんか、めちゃくちゃ説得力あるわ。
「うふふ。それで、いい集中力をもってMットしてると、徐々にお客さんとも呼吸が合って来るんです。そうするともう、お互いにめちゃくちゃ感じちゃうMットになるんですよね」
へ~っ。呼吸が合うか~。それも、お互いでなんだ。
「そうです、そうです。Mットって、お互いですよ。お客さんは受けてるだけ、じっとしてるだけに思うかも知れないですけど、お客さんもMットは参加してますからね」
うんうん。確かに。
「それで、女の子のほうも、呼吸を合わさることで、女の子もどんどん感度上がって、めちゃくちゃ感じるようになっちゃいますから」
そうなんだ。どっちかと言うと、正直Mットは、女の子は奉仕してるだけの気持ちのものなのかと。
「いえいえ、それは全然。女の子もめちゃくちゃ感じちゃうものです。でもそれは、やっぱり呼吸を合わせて、それで一緒になって感じ合うようになれなきゃですけどね。なんなら、奉仕することだけ考えたりとか、気持ち良くしてあげることだけを考えようってしちゃうと、ただそれだけになっちゃうとも思いますけど。でもそれは、エロでも癒しでもなんでもないMットって感じですよね。私はそういうのは、つまんないMットだと思います。機械的なMットなんて、全然です。もったいないです」
すご~い! なんか、急に熱い話になって来た。
「えへへ。Mットは、けっこう重要に思ってることが多いので。その分、奥も深いし、楽しみも多いし」
うんうん。これはまさに、茶道だわ。にわかながら、僕も世界感を感じてきた…。
「あははっ。よかったです。ぜひ、一緒にMットしたいですね~」
いいね~。じゃあ、ちょっとここで先生に相談なんだけど、僕、たまにMット受けてて、介護されてる、みたいに感じちゃうときあるんですけど。
「うふふ。それ、分かります。やっぱり、機械的にMットしちゃったりとか、丁寧なんだけど、エロがないMットだと、そう感じちゃうようになるの、あると思います」
そうなんだ。じゃあ、これにエロ要素を入れるには?
「まずは、心と心を通じ合わせて、呼吸を合わせて、シンクロさせると言うか、通じ合わせるってことが大事だと思います。これは、お客さん側の意識としても。一方的に、はい、やって~、とか、女の子もやらせてもらいます~、じゃなくって、お互いにじゃなきゃダメなんだと思います。だって、Bッドのエ○チもそうじゃないです?」
うんうん。確かに!
「なので、まずはその気持ちの部分。で、あとは、女の子側としては、こっちから合わせに行く努力も必要だと思います。言葉で何か誘うようなこと言ったり、距離を縮めるようなこと言ったり。目、耳、鼻、口、カラダ全部、五感をフル活動させてなきゃダメですしね」
五感で言うと、味覚なんかも入ってくるけど?
「味覚ももちろんそうです。舐めてて、お客さんの味を感じて、それでお客さんのことを感じる。匂いも同じくですし。お客さんのシャンプー、ボディーソープの匂い、お部屋の匂い、お互いの汗の匂い、そういうの全部ですね」
へ~っ。
「あとは、部屋の音とかも気にしてますね。たとえば、Mットしてる時は、水がチョロチョロと流れてたりしないようにとか」
ほう。それも気になるから?
「そうですね。気になるって言うのもありますし、もっと言うと、細かい吐息とか、チュッ、ってした時の音の響きが聞こえなくなると言うか。吸い舐めしてる時も、口からは声とか出ないですけど、鼻から漏れ出る息とか、そういうのも感じて欲しいですし」
お~っ。そんな細かい音まで。
「これ、すっごい重要だと思うんです。そういう、ちょっと、ちょっとの興奮要素があって、最高の興奮に辿り付けますからね」
すごいね~。そういうところまで意識してるとは。
「あ、でも、してる最中は、意識はしてないですよ。それこそ、そっちに集中行っちゃうので。そうなると、本末転倒と言うか。エロくしようとして、エロくなれてないって感じになっちゃうと思います。なので、これはもう、自然と、無意識な状態でもそうなれるように、平常心でもエ○チな雰囲気出せるような感じで、普段から意識してるしかないんだと思います。そうしてるうちに、自然に出るようになると言うか」
なるほど~。それが、最初に感じたオーラ、だったのかな~。
「あはは。そんなの、出せてます? だと、すごいですけどね~」
うんうん。すっごい感じる。
「あははっ。またまた~。ありがとうございます」
これはもう、お師範さんになれてるんじゃない?
「いえいえ~。全然です。ほんと。と言うか、茶道もそうですけど、行き着くところがないんですよね。ゴールがないと言うか。なので、もっともっとなんです」

サービスについては大満足です。では続いて、杏里さんの本質のエロの部分を。
「うふふ。分かりました」
個人的な性癖って?
「本質は、ドMなんです。でも、それを持って、ドSになるのも好き、って感じです」
ほう。じゃあ、まずはその、Mの部分を?
「率直に言うと、命令されて、奉仕させられる、させていただく、って感じが興奮しちゃうんですよね」
へ~。たとえば、どんな命令を?
「もう、『○○しなさい』って命令口調であれば、はいっ♪ って感じで従いたくなっちゃうんですよね…。なので、もう、なんでも」
『ほら、こっち来て、そこ座りなさい』
「はいっ♪」
あはは。いいね~。うっとりした返事だ~。なるほど、エロい命令じゃなくてもいいんだ。
「うふふ。そうなんです。単純に、男性に命令されたいんです。で、従いたいんです。命令されると、あぁ~、次はどんな命令されるんだろぉ~、って、ドキドキして、興奮しちゃうんです」
なるほど。じゃあ、『耳、舐めなさい、で、次、乳首舐めなさい、最後に、オチ○チンを綺麗に舐めなさい。全部綺麗にっ』
「分かりましたっ♪ はいっ♪」
あははっ。いいね~。めっちゃ目が輝いてるっ!
「はぁ~んっ♪ いま、軽く言われただけで、うっとりしちゃいました。記者さん、いまのよかったですぅ~」
あはは。ありがとう。これ、言い方の強さも重要かな?
「そうですね~。怖さが入って来ちゃうのはぁ~、どうだろな~」
『オラっ。お前、舐めろっ、チ○コ舐めろっ』
「いいですぅ~♪ それも、いいかもぉ~♪」
これもいいんだっ!? いま、けっこう荒めに言ったけど?
「いや~、でも、優しさ入ってましたから。本当に怖い人じゃないって、分かっちゃう感じありましたから」
そっか、そっか。それは僕がヌルかったか。と言うか、僕、そんな、チンピラみたいになれないわ。
「うふふ。なので、そう言う優しさがあると、言葉尻の強さはなんでもいいのかも。ほんと、ちょっと言葉が荒くっても、その中に優しさがあれば、ソクゾクしちゃうんだと思います」
うんうん。じゃあ、カラダの感度で言うと?
「背面が性感帯なんですかね。なので、立たされた状態で、背後から抱きつかれるのとか、大好きです。しかもそれが、鏡の前でだと、余計に感じちゃいます」
いいね~。ちなみに、その、鏡の前でのよさって?
「なんでしょね~。なんか、攻められてる感が視覚で入ってくるのも興奮しちゃうからかな~。やっぱり、背面から抱きしめられてると、普通は目に見えないじゃないですか。それが見えると、余計に興奮しちゃうんだと思います」
なるほど。見えないよりも、見てたいと。
「そうですね~。見えない興奮もいいですけど、見てたいっていう欲求もあるんですよね」
うんうん。
「あと、思ったのは、鏡を見ると、本物と鏡に映ってる分身とで、2人に攻められてる、みたいなのもあるのかも。いまもほら、部屋に鏡ありますけど、これ見てみると、お客さんに背後から攻められてると想像すると、結果、鏡にそれが映るので、前後からされてる、みたいな感覚にもなるな~って思いました」
お~っ。確かに。それに、この部屋の壁、ほとんど鏡だもんね。
「そうですよね~。これは、お店のいいところですよね~。こんな環境の部屋でエ○チすることなんて、自宅とかじゃ絶対無理ですもんね~」
うんうん。
「なので、鏡の前で背面から抱きしめられて、それで耳元で、吐息かけられながら、エ○チなことなんて言われたらもう、チョ~感じちゃいますね。私、耳も性感帯なんです」
いいね~。いまの話で言うと、物理的な快感&言葉を聴く機能で、耳が性感帯ってこと?
「そうです、そうです。エ○チなフレーズを受け取る機能がある、耳が性感帯」
おしゃれだね~。
「うふふ。あとは、エ○チなフレーズじゃなくっても、『好き』って言ってもらえると、それでも感じちゃいます」
うんうん。杏里さん抱きしめてると、お客さんも自然に口から出ちゃうだろうな~。『好き』って。
「あははっ。ほんとですかぁ~。嬉しいですぅ~♪」
じゃあ、その体勢からの、理想の展開は?
「そのまま、オッパイ触られて、アソコも触られて、で、そのまま背面から、バ○クでされたいです。立ちバ○クでも、Bッドに押し倒された感じになっても、どっちでも」
お~。じゃあ、終始背面からされてたいと。
「そうですね~。オッパイも後ろから触られるのも好きですし、アソコも、手を回されて触られるのも好きですし」
うんうん。ちなみに、アソコは、クリ派? ナカ派?
「私はクリはですね。パンツの上から、クリをサワサワ触られるのも好きですし、直接触られるのも好きですし。クリ触られてると、イッちゃいますし。もちろん、ク○ニされてても。で、クリでイカされたら、オチ○チン欲しくなっちゃいますね」
ここまで立ったままとなると、けっこう早い段階での挿○にもなる?
「全然、そんな感じでも大丈夫です。私、すっごい濡れやすいので。全然、いい感じのムードになったら、もう挿○って感じで大丈夫なんですよね」
うんうん。そして、これとは逆に、ドSになることもあると。
「そうですね。もう、さっき言ってた私がされるようなことを、今度はお客さんにもしてあげたいって感じなんですよね。私がされて嬉しいこと、Mで感じることが分かるので、それをお客さんに置き換えて、それを感じてもらうんです」
なるほど。Mを知ってるからこそ、それをサービス出来ると。
「そうなんです。まさに、そんな感じなんですよね~」

あと、何かいい残したことがあれば。
「あ、これはぜひなんですけど、お客さんみなさん、全然恥かしがらずに、なんでも言って下さいね、ってことを言いたいです。お客さんみなさん、自分の性癖とか、して欲しいこととか、そう言うのを遠慮されたりする方多いんですけど、全然そんな必要ないですからって」
ありがたいね~。でも、そんなにみんな、遠慮してるものなの?
「遠慮されてますね~。やっぱり、あんまり変なこと言うと、女の子がひいちゃうんじゃないかって心配されてるみたいで。でも、全然ひいたりしませんから。むしろ、一緒に楽しみたいですからって」
うんうん。ちなみに、過去にこんなことで遠慮してたって言うのは?
「たとえば、私のパンツを履きたい、とか」
お~っ。それは確かに遠慮しちゃうかも。
「うふふ。まぁね~。その気持ち、分かるんですけどね。でも、全然言ってもらっていいのに~って感じなんです。そのお客さんも、もう、何回も何回も遊びに来てくれてて、で、なんか毎回、言いたそうにしてるな~って思ってたら、何回も来てやっと、『あの~、パンツ履かせてくれませんか?』って言って来てくれて。で、あ~、それが言いたかったんだ~。そんなこと、全然すぐ言ってくれていいのにぃ~、って」
あはは。杏理さんは、全然オッケーと。
「もちろんです。やっぱり、そういうので興奮があるんだから、それはぜひぜひですよね。やっぱり、せっかくお店に来たんだから、興奮するようなことをして欲しいので。ダメなことは、出来ないって言いますから。でも、それは引いちゃうんじゃなくって、物理的にごめんなさいなだけで、それで全部がダメになっちゃう訳じゃないですしね。なので、なんでもダメ元で、言って欲しいですね」
うんうん。ちなみに、杏理さんもそういう事、遠慮せずに言えるタイプ?
「あっ、私も言えないかもっ。実は。恥かしがっちゃって」
あははっ。なんだ、言えないんじゃん~。
「うふふ。そうなんですけどね~。でも、そこはもう、お互いに曝け出しあいましょうって感じですよね。うんうん」
いいね~。なんか、そういう優しさも、杏理さんがNO.1たる所以なんだろうな~。
「いえいえ、そんなそんな。ほんと、全然ですからぁ~。ほんと、NO.1は、今回のたまたまですからぁ~。ねっ♪」

最後にメッセージを。
「毎日お仕事お疲れ様です。みなさんの疲れ、私が癒しますねっ。なので、ご自分を解放して、リラックスして、最高の快感に向けて、高みを一緒に目指しましょう♪」


【PLAYGIRL/レッドキング】




杏理(24才)
T159/B89(D)/W58/H88

クラブハウスシェル』 - 堀之内
TEL:044-233-8888

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved