プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. セレブ - Yurika

インタビュー セレブ - Yurika

平日は真面目に会社勤め。週末はエロエロにお店でエ○チ!
「セレブ」Yurikaさんのプロフィール写真

「セレブ」Yurikaさんのプロフィール写真

「セレブ」Yurikaさんのプロフィール写真

「セレブ」Yurikaさんのプロフィール写真

「セレブ」Yurikaさんのプロフィール写真

Yurika - セレブ - 2016.08.03
たとえば、アナウンサーのようなビジュアル。清廉潔白性が目に見える子。…でもそんな子が、とってもエロかったら? そのギャップのふり幅がとても大きくなり、結果、…大興奮に!! 今回取材させていただいた、yurikaさんは、まさにそんなタイプなのかも知れません。


美人さんだね~! 超小顔だし!
「あはは。いえいえ~、ありがとうございますぅ~。顔の大きさは、お客さんにも言ってもらえることあって。褒めていただいて、ありがたいな~って思いますね~」
うんうん。でも魅力はまだいっぱい。クリックリの目に、えくぼも可愛くってと!
「あはは。いやいや~、そんな、そんなぁ~、ありがとうございます~」
これは、お客さん評価抜群でしょう?
「いえいえ~。いや~、まぁ、どうなんでしょうね~。うふふ」
ちなみに、有名人で、誰かに例えられる?
「有名人だと、タレントさんというより、アナウンサー系に例えられることが多いですね。誰々って感じじゃなくって、なんとなく、局のアナウンサーさんっぽい、って」
なるほど~。わかるな~。ちなみに僕は、目鼻立ちが、小倉優子っぽくもあるなと。
「あ~、それも言われたことありますね~。確かに! うふふ」
うんうん。でも、全然おバカキャラじゃなく、むしろ、話し方がかなり丁寧。
「うふふ。私普段、会社員をしてますので。特に、来客応対や、電話対応などを引き受けますので、必然的に話し方は丁寧さを求められまして…」
あはは! さらに丁寧になった!
「あはは。なんだか、会社の話したら、つい、そういうモードになっちゃいましたぁ~」
あはは!
「いや~、お恥かしい」
いやいや、素晴らしいよ。本当に丁寧な言葉を使えるんだね。
「いえいえ~。ありがとうございます~。うふふ」
とまぁ、いま少し表面化したけど、やっぱり会社にいるときと、お店にいるときとは、モードが違う?
「うふふ。そうですね~。やっぱり、違いますね。yurikaになっちゃうと、違うスイッチ入っちゃってると思いますね。もちろん、全然の別人に変えてるってことじゃなくって、私の中にある、エ○チな自分を表面に、前面に出てきちゃってる、って感じかも知れないですね」
なるほど~。ちなみに、会社員モードのときって、どんな感じ?
「まぁ、真面目に仕事してて、テンションもそんなに高くないんだと思います。いたって、真面目真面目で」
へ~。
「えへへ。でも、お店では、やっぱりエロキャラになっちゃってるかも」
いいね~。
「うふふ。まぁ、キャラっていうか、やっぱり本当の自分の中にあるものなんですけど、それが、隠さず出せてるってことなんですかね。本当のエ○チな私を。えへへ」

普段は会社員をしているのに、どうしてまたソープ業界へ?
「えへへ。まぁ、簡単に言うと、気が付いたらここにいた…、って感じなんですけどね」
ほう?
「うふふ。約1年前ぐらいなんですけどね。大学時代の友達と久しぶりに会う機会があって、それで、会って話してみたら、なんか、普通に懐かしい話でもするのかな~って思ってたら、その子が風俗業界でお仕事してるって話になって。それで、話聞いてるうちに、ちょっと興味も沸いちゃって」
へ~。
「それで、彼氏もいなかったし、ちょっとした興味本位で、お店の面接も受けてみたんです。そしたら、いろいろ説明聞いてるうちに、ちょっとお仕事してみようかな~って思いまして。元々、ちょ~っとは、こういう世界を覗いてみたいな~、っていう好奇心もどこかにあったんだと思いますね」
ほうほう。
「まぁ、それのもっと根底にあった気持ちとしては、いろんなエ○チがしてみたいな~、って好奇心ですよね。こういうのは、やっぱり誰にでもある気持ちだとは思いますけど、どうしても普通に生活してると押し隠しているものじゃないですか。でもそれが、その友達に会って、少しフタを開けられた感覚になって、実際に面接に来たら、その箱自体が溶けてなくなっちゃった、って感じにもなって」
ほ~! まさに、オープンな気持ちにと!
「うふふ。そうなんですね~。不思議な感覚でしたね~。解き放たれたような気持ちになっちゃったというか」
いいね~。ちなみに、素人時代の経験値って?
「あんまりなかったほうだと思います。1人の人と付き合うと長いことばっかりでしたし、その間は浮気とか1回もしたことなかったですし。だから、経験する数も、必然と多くはならなくって」
なるほど~。
「でもね、長くお付き合いすると、どうしてもマンネリ化はしてくるじゃないですか。それで、ちょっとエ○チなムラムラを、ヨソに溢れさせちゃいたい、みたいな気持ちがどこかに芽生えてたんだと思います」
なるほどね~。ちなみに、彼がいる頃は、1人エ○チしてた?
「はい。しちゃってました」
そうなんだ~。印象だと、1人エ○チしなさそうに見えるよね~。
「えへへ。意外と、1人エ○チデビューは早いほうでして。たぶん、小学生の頃から、けっこうしちゃってました」
そうなんだ~! 意外だな~!
「えへへ。なのでたぶん、性欲、みたいなものは、人よりも強いのかも知れないです」
へ~! いや~、この可愛いビジュアルで、そんな発言を…。
「あはは。いや~、まぁね~。でも、むっつりな感じでもあったと思います。ずっと。たとえば、クラブとか行っても、声かけられたりするんですけど、でも、その場ではすぐに付いて行かなかったりもするんです。本音は付いてって、エ○チなこともしちゃいたいんだけど、どこか、ブレーキかけちゃうというか」
へ~。じゃあ、タイミング的にも、環境的にも、いまお店にいるのは、奇跡の連続だったんだ?
「そうですね~。その友達に再会してなかったら、お店の面接に来なかったら、そこで実際にお店の印象を感じなかったら、働いてなかったですよね~」
うんうん。
「でも、お店のことを知れて、ほんとよかったと思います。いままで、どうしてもっと早くにこの世界を知らなかったんだろうって思っちゃいますもん。いまはほんと、お店の出勤が楽しくって、楽しくって。めぐり合えて、よかった~! って思いますね。うふふ」

お仕事はじめてからの、感想は?
「すっごい楽しい! って。最初っからこの気持ちですね」
ほう! まさに、スタートも順調だったんだ。
「うふふ。そうですね~。来てくれるお客さんがみんな良い人で、もう、良い出会いの連続! って感じで」
いいね~。よかったね~。
「うふふ。それで、ずっと心の内に秘めてた、いろんなエ○チをしてみたい、って欲求が、叶っていくばっかりでもありますし」
素晴らしいね~。じゃあ、いろんなエ○チを知れてからは?
「うふふ。それで満足なのかな~? って思いきや、全然そんなことはなくって、そこから、さらに先の欲求が生まれてくるんですよね。これまでに溜まってた欲求不満が解消されるのと、新たな欲求が生まれるのとで、どんどん入れ替わりしていくような心境の繰り返しで」
ほ~! ちなみに、新たな欲求とは?
「うふふ。もっと、もっと、自分がオープンになって来る感じがあるんですよね。そしたら、求めることも、してあげることも、どんどんといろんなことをしたくもなっちゃって」
いいね~。枠が広がり、深さもより深くを求めるようになったと。
「そうなんです。というか、最初の頃は、ほんと、何も知らなさ過ぎでした。Bッドに入ったら、文字通り、マグロっていうのにかなり近いぐらいに、何もできない子でしたから」
なるほど~。でもまぁ、最初はね~。
「そうなんですけどね~。でもいまは、私から攻めちゃって、攻めちゃいながら、チラッとお客さんのほうに視線を送って、恥かしそうにしてたりするのを、楽しめる余裕とかも出てきちゃったりして…」
いいね~! また、その視線が可愛いし、艶かしいんだよな~!
「えへへ。だって、エ○チなことのときの視線ですもんね。どうしても、エ○チな顔になっちゃいますよねっ」
いいね~! もう、視線だけで大興奮しちゃいそう!
「うふふ。そういうのも、いまはすっごい嬉しいです。興奮して欲しいし、興奮させたい。そんな気持ちにもなっちゃうように、なっちゃいました」
いいね~!
「もっと舐めてぇ~、とか、もっと触ってぇ~、とかも言っちゃったり。もっとエ○チなムードに没頭したくて、そういうおねだりもしちゃうようにもなっちゃったんですよね~。うふふ」
いいね~。そう言うってことは、受けが楽しい?
「そうですね~。どっちかというと、受けのほうが好きですね~。もちろん、『せめて欲しい』って言われたら、いっぱい攻めさせてもらいますけどね。でもまぁ、まだまだ経験として攻めたことが少ないので、そんなに上手にって訳にはいかないですけどね」
うんうん。ちなみに、攻め技術の伸び具合は?
「うふふ。お店でだと、やっぱり求められることも多いので、勉強もしました。AVとかも観て。最初は、え~、どうしたらいいかわかんなぃ~、ってぐらいだったけど、ある程度は攻めれるようにはなりましたかね」
いいね~。
「最近は、悶えてる男性の姿を見るのも、興奮と感じちゃうようになってきたので、もっともっと、攻めの楽しさも深く知っていきたいなって思ってますね」

改めて、メインの受け好きの話を。
「うふふ。はい。私、優しいのも好きだし、ちょっと、乱暴チックなのも好きでして」
ほ~! そういう答えも意外だわ~。なかなかのギャップ姫だな~。
「あはは。でもね~、事実でして~。うふふ」
いいね~。ちなみに、乱暴っていうのは?
「途中で、ちょっと雑なぐらいに、むぎゅ~! ってオッパイを掴まれちゃったり」
ほ~! 
「お尻とかも、むぎゅ~! って鷲掴みされたり」
うんうん。こういう刺激で、どういう興奮を?
「なんか、そこに至るまでは優しくしてくれてると思うんです。でも、そこから、エ○チな気持ちが乗ってきちゃって、それで、ついつい乱暴になっちゃった! って感覚を感じるのが好きなんですよね」
なるほどね~。性欲に飲まれて制御不能になった状態と。
「そうなんです。『もう、俺のものだからな!』みたいな」
いいね~。ちなみに、感度はどうなの?
「気持ち良いです。その、むぎゅっ! とされることでも、あぁっ…、って感じちゃって」
いいね~。エロいね~。でも、こんな可愛い子に強くむぎゅっ、って。遠慮しちゃいそう。
「いえいえ~。全然遠慮なしで大丈夫です。むしろ、して欲しいって思ってるぐらいですから。まぁ、それがもし、痛かったりとか、もう無理ぃ~、ってなっちゃうようなら、私もちゃんと表現しますから、それは大丈夫ですよ。ご遠慮なさらずとも」
ありがたいね~。
「なので、エ○チの最中も、ガンガン突かれたいんです。バ○クとかで」
ガンガンとまで! でもやっぱり、壊れちゃうんじゃないかって心配になっちゃうな~。
「うふふ。そう感じて下さるまで、ほんと、いっぱい突いて欲しいです。それぐらい、感じたいですね」
すごいね~。じゃあ、1番の性感帯は?
「クリちゃんですかね~。オッパイとか、その他も全身全部気持ち良いですけど、やっぱりクリちゃんが1番感じちゃいますね~」
うんうん。どんな刺激がいい?
「パンツの上からサワサワしてもらったり、ダイレクトに触ってもらっても気持ち良いし、ク○ニなんてされちゃったら、もう大変なことにもなっちゃいますし」
いいね~。イッちゃう?
「えへへ。そうですね。イッちゃうことありますね~。まぁ、確実に絶対かというと、そこはわかんないですけど、でも、けっこうイッちゃってます。逆に、演技とかできないので。イクときは、ほんと、ガチでイッちゃってて。お客さんとコンパニオンって関係性を超えて、男女として感じで、イッちゃうって感じで」
いいね~。じゃあ、どうされるとイキやすい?
「ク○ニだけでイッちゃうこともありますけど、ク○ニされてからの挿○だと、よりイキやすいかも知れないですね」
ほう。じゃあ、ハメイキもよくあると。
「そうなんです。イッちゃいますね。クリとアソコ、同時の刺激があると、さらにイッちゃって…」
いいね~。じゃあ、指入れに関しては?
「指入れも大好きです。1番気持ちいのは、よくいう、Gスポットの、ちょっと手前。入り口辺りっていうのかな。なんか、Gスポットをダイレクトにだと、感じ過ぎちゃって、逆によく分かんなくなっちゃうんですよね。なので、1番快感なのは、その手前でして」
うんうん。じゃあ、最後はどうなりたいかな?
「まぁ、バ○クでガンガン突かれちゃうのもありつつ、最終的には、正○位でしたいです。正○位でイッてもらえると、なんか、愛が深まるような気持ちになっちゃって。あぁ~、いいエ○チできたな~って」
いや~、トータル満足度、かなり高そうだな~。
「うふふ。でも、まだまだな部分いっぱいありますので、いろいろと教えて下さるお客さんにお会いしたいですね。えへへ♪」


[PLAYGIRL/レッドキング]


Yurika(29才)
T158/B84(C)/W57/H86

セレブ』 - 堀之内
TEL:044-280-6048

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved