プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. ラグジュアリー - Ruika

インタビュー ラグジュアリー - Ruika

後藤真希似の関西弁美人! 背中をサワサワしてもらうの大好きですっ♪
「ラグジュアリー」Ruikaさんのプロフィール写真

「ラグジュアリー」Ruikaさんのプロフィール写真

「ラグジュアリー」Ruikaさんのプロフィール写真

「ラグジュアリー」Ruikaさんのプロフィール写真

「ラグジュアリー」Ruikaさんのプロフィール写真

Ruika - ラグジュアリー - 2017.01.05
はんなりとした関西弁を話すRuikaさん。話し方だけで癒されます。さらには、しっぽりとしたエロさもあって魅惑的なんです。そんな彼女ですが、雰囲気だけでなくビジュアルもいいというのがニクイ! 個人的には後藤真希に似てると思うのですが、ほかのお客さんからは、黒木メイサ、菜々緒、ローラ、熊田曜子、三田アナなど、美人ラインナップに例えられることが多々あると! プロフィール写真は顔隠しですからね~。これはもう、実際会いに行くっきゃないですよ!


美人さんだね~。僕的に、似てるな~って芸能人がいるんだけど?
「うふふ。そうなんですね~。誰だろ~? いろいろ言ってもらえたりするんですけどね~」
ほうほう。ちなみに、誰って言われる?
「えっと、黒木メイサとか、菜々緒とか。あとは、髪の色明るいときはローラって言われたりしてましたね。あとは、笑った顔が熊田曜子とか」
なるほどね~。どれもわかるな~。
「うふふ。あと最近だと、フジテレビアナウンサーの三田さんにも似てるって言われたりしましたね」
ほ~。それもわかるな~。でも、僕が思ってたのは別なんだけどね。
「へ~。誰だろ~? あとは…、誰か言われたっけな~」
僕が思ったのは、後藤真希に似てるなって。
「あ~っ。それも言われたことありますね~。はい」
だよね~。それにしても、全部美人!
「あはは! いえいえ~」
あと、顔立ちハッキリ系であり、モデル体系という共通項ね。
「うふふ。ありがとうございます。まぁ、見方によったら、強めの顔に見えるタイプみたいで」
なるほど~。でもそれって、美人顔であるからこそだったりするんだけどね。
「うふふ。いえいえ~。でも、ありがとうございます。えへへ」
ちなみに、性格的には?
「性格は、全然強いタイプではないと思います。我が強かったりは全然なくって、むしろ、全部人に合わせていくタイプって感じだと思います」
へ~。じゃあ、お客さんとの雰囲気は?
「それも、お客さんに合わせて、ってなることが多いですね。はじめましてのお客さんだったら、まずは第一印象を大事にして、おとなしそうな人だったら私もおしとやかにしてるし、お喋りするのが好きな人だったら、そのお話をいろいろ聞く側になって、お話し聞かせてもらいますし」
ほうほう。
「まぁ、そうやって人の個性を受け止めるのも好きなんですよね。なので、その人のいやすい雰囲気で、私も一緒にいさせていただいてるって感じなのかな」
素晴らしいね~。あと、気遣い屋さんでもあるんだろうなって。
「うふふ。そうですね。気遣いは、普段からよくするタイプだと思います。はい」
じゃあ、仲いい友達といるときは?
「それだと、イジられキャラなのかも知れないです。天然でアホな感じとかもあるみたいで、『ほっとけないわ~』ってよく言われてます」
あはは。
「うふふ。私は何が天然っぽさに見られてるのか、わからないんですけどね」
あはは。そのパターンは、本物の天然なんだろうな~。
「うふふ! そうみたいですね~、なんか、そういう風に言われます」
うんうん。ちなみに、最近あった、ドジエピソードって覚えてる?
「え~っと…、なんだろな~。なんか、あったかな~」
あはは。やっぱり、自己認識ないんだ。
「あはは! あっ! 一個ありました! えっとですね、友達と食事してて、山芋の漬物を食べてたんですけど、これ美味しい~! とろろのやつみたい! って言ったら、『それ、同じだよ!』って言われちゃいました」
あはは!
「うふふ。あんまり物知らなかったりするので、そんなことにもなっちゃうんですよね」
うんうん。でも、その天然さが可愛さになって魅力UPだわ~。男目線で見ても、可愛いからなんでも許しちゃう!
「あはは! いやいや~。複雑な気持ちですけどね~。でも、ありがとうございます。えへへ」

イントネーションが、関西弁だよね?
「そうですね。関西出身なんです」
普段から関西弁?
「そうですね。関西出身の人と話してるときは関西弁ですし、標準語の人と喋ってるときは、標準語と関西弁が混ざってる感じになりますね」
へ~。ちなみに、お客さんになにか言われる?
「うふふ。なんか、関西弁って評判いいみたいです。『関西弁、いいね~』ってよく言われたりします」
いいね~。あと、ベタな妄想なんだけど、関西弁のアエギ声って…。
「うふふ! それ、言われたことありますね~。『関西弁でアエイで欲しい』って」
あはは。そんなストレートなリクエストもあるんだ。
「うふふ。はい。ありましたね。『○○してくれへん~? って言って欲しい』って。『ちょっとその辺感じるねん~。その辺、もっと攻めてくれへん~? って言って』、って」
あはは。
「うふふ。あとは、『そこら辺がええなぁ~』とか、『もっとしてぇ~』とか」
いいね~。関西弁の中でも、ちょっとはんなり系の関西弁だよね。
「うふふ。そうですね。よく、『京都?』って言われるんですけど、特にそういうわけではないんですけどね」
そうなんだ~。それで、そうやって求められたら?
「そうやって求められたら、そのまんま言っちゃいます。普段はあんまりそういう言葉言ったりしないですけどね」
なるほど。気遣い屋さん発動と。
「うふふ。そうですね~。でも、喜んで欲しいので、そういうのは全然OKです。関西弁は、普通にいくらでも言えるので」
いいね~。嬉しいね~。
「うふふ。なんか、私も楽しんじゃうんですよね。お客さんも、関西弁をおもしろがってリクエストしてきてくれてるので、それを受け止める側の私としても、楽しんですよ」
素晴らしい! とにかく、一緒に楽しんでくれる気持ちが強い!
「あはは。いえいえ~。でも、なんでも物事を楽しもうとしてくれる人は好きです。だから、私も一緒に楽しみたくなっちゃうって感じで。ただただ、それだけなんですよね」

プロフィールに『業界未経験』とあるね。
「はい。このお店が初めての風俗でした」
うんうん。風俗の世界に来たきっかけは?
「これまでは関西で実家暮らしをしてたんですけど、ちょっと関東のほうに行ってみたいな~って思って、それで、こっちに来たのと同時にソープでお仕事始めたんですよね。まぁ、ソープのお仕事もしたいな~ってずっと思ってたんですけど、でも、実家住まいだったら、なにかとあれかな~って思ったりもしててで」
へ~。じゃあ、関東に来てみて実感は?
「うふふ。あんまり変わんないかな~って感じですね。関西でもそんなに田舎のほうでもなかったので、川崎とか東京とかも、あんまり違いは感じないかなって感じてます」
ほう。じゃあ、ホームシックにもなってない?
「うふふ。そうですね。なんなら、やりたかった仕事が自由に出来てるので、いまはい感じだなって思ってます」
いいね~。順調なんだね~。
「うふふ。そうですね~。まぁ、お仕事としては、こういうお仕事はじめてだったので最初は大変な部分ありましたけど、でも、お客さんにもいろいろ出会えたりもして、いろんなコミュニケーションも取らせてもらってるので、楽しさのほうが大きいな~って感じますね」
いいじゃん~。
「うふふ。まぁ、エ○チって、究極のコミュニケーション、って感じじゃないですか。それがなんか、楽しいんですよね。もともとは、ちょっと人見知りだったりする部分もあったんです。でも、心の奥では、コミュニケーション取るのも好きで。だから、したいけど、ちょっと躊躇しちゃう、みたいな自分があったので、それを克服したかったんですよね。それで、ソープでお仕事だ! って思ったりもしてたんです」
なるほど~。ちなみに、デビューまでの経験人数は?
「5人でした」
ほう。じゃあ、エ○チの回数的には?
「5人のうち、4人はほんと、数えるぐらいしかエ○チしてないです。1回とか2回とか。なので、回数を重ねてエ○チしたことあるのは、1人だけでした」
ほ~! そうなんだ~! 
「そうですね~。でも、その人ともそんなに長く付き合ってた訳じゃないので、言ってもそんな大した回数してないんですけどね」
なるほど~。となると、余計に経験希少と!
「そうですね~。だから、そう考えると、トータルのエ○チ回数で言ったら、10回ぐらいしか経験なかった状態だったと思います」
そうなんだ~! すごいね~! ちなみに、その10回のエ○チはどうだったの?
「うふふ。嬉しかったです。なんか、気持ち良いとか、そういうのももちろんありますけど、そういうの以上に、愛してくれてエ○チしてくれてるんだな~って感じることが多かったので、嬉しい気持ちが強かったですね」
へ~。
「あの、エ○チのときの雰囲気が好きなんですよね。優しく扱ってくれる、とか、優しく抱いてくれる、とか。そういうので、なんか、キュンキュンしちゃってましたね」
なるほど~。でも、回数重ねず別れちゃったこともあると。
「うふふ! それはまぁ、ほかにもいろんな理由がありまして」
あはは。なるほど。
「うふふ! でもまぁ、エ○チはやっぱりいいな~って。独占されてる感っていうのもあるのかな。それがなんか、私にとってのエ○チの幸福感なんですよね。えへへ」

ソープでお仕事して、感じることは?
「うふふ。えっとですね、オチ○チンって、いろいろあるんだな~って」
あはは。そこなんだ。
「うふふ。そうですね~。やっぱり、5人としかしてなかったですし、なんなら、そんなにじっくりと見ることも少なかったので。でも、お店だと、けっこうしっかり見れたりするじゃないですか。で、へ~! そうなんだ~! みたいな。大きさとか、長さとか、全然違うんだ~! って」
あはは。確かにね~。
「あと、感度も人それぞれに違うんだ~! って。元彼とかには、フ○ラしてあげるぐらいでしたから、そんなにオチ○チンの感度の区別とかも知らなかったんですよね」
なるほどね~。ちなみに、フ○ラはしてたと。
「うふふ。はい。まぁ、私からの攻めっていうと、フ○ラぐらいしかなかったんですけど、でも、フ○ラは100%、『気持ち良い』って言ってもらえてましたね」
ほう! 素質あったと!
「えへへ。だと思います。私も、めっちゃ自信ありますし」
いいね~! かなりしっかりとした自信だわ!
「うふふ! これはほんと、そうなんです。実は、中学校のときに付き合った彼に、教え込まれまして。まぁ、その彼とはエ○チしたりしてないんですけどね。なぜか、フ○ラをしっかり教えてくれる人だったんです」
へ~! 珍しい人だね~。
「うふふ。そうなんです。歳の近い人で、まぁ、中学生だったから、アソコの穴に入れ方がわからない、って理由でエ○チしてなかったんですけどね。でも、エ○チなビデオとかを相手が見てたみたいで、『フ○ラはして欲しい』って言われてて、それで、週に4~5回会っては、フ○ラだけをするって生活が続いてたんですよね。1年ぐらい」
うひゃ~! すごい彼氏だね~!
「うふふ。そうですよね~。いま考えたら、確かに変な感じですけど、でも、その当時はそれで当たり前って感じだったんですよね。まぁ、そのおかげで、フ○ラは上手になりましたけど」
なるほどね~。ちなみに、フ○ラだけをする関係の心境って?
「嬉しかったです。その人のことが大好きだったので。会う口実としてだけでも、呼んで欲しいって思ってましたから」
ほ~。なるほどね~。従順なんだね~。
「そうですね~。恋愛はけっこう、そうなんですね~」
うんうん。それで、経験を積んだフ○ラは、いまはどんな感じなの?
「うふふ。そこからいまは、お客さんのいろんなオチ○チンの反応とかも見させてもらって、さらにパワーアップしてると思います。人それぞれに感じ方違うので、その人が気持ち良くなるポイントを探って、そこを優しくソフトに舐めちゃう、って感じで」
いいね~。じゃあ、フ○ラはぜひものと!
「えへへ。そうですね。フ○ラはたっぷりさせて欲しいですね。えへへ」

受けについては?
「してもらうのも、好きです。エ○チの中では、攻め受け、半々ぐらいでお互いにし合いたいなって思うので」
うんうん。じゃあ、性感帯は?
「背中はけっこう感じちゃうんですよね。ゆ~っくり、サワサワ~ってされたりするの、大好きです。うつ伏せにしてもらって、それで、上から下まで、サワサワ~って」
いいね~。
「あと、挿○のときも、バ○クでしてもらいながら、背中サワサワ~って。これ、好きなんですよね~」
いいね~。エロいね~。
「あっ、あと、正○位も好きです。寝っころがる背中に手を入れられて、背中に手が触れてるような感じも気持ち良いです」
あはは。とにかく、挿○しながら背中を刺激して欲しいと。
「うふふ。はい。そうなんです。それだと、嬉しいですね。えへへ」


[PLAYGIRL/レッドキング]

Ruika(20才)
T162/B83(C)/W56/H85

ラグジュアリー』 - 堀之内
TEL:044-222-2422

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved