プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブハウスクイーン - ハルカ

インタビュー クラブハウスクイーン - ハルカ

受けになりたい人、Mット好きな人、来て下さい♪
「クラブハウスクイーン」ハルカさんのプロフィール写真

「クラブハウスクイーン」ハルカさんのプロフィール写真

ハルカ - クラブハウスクイーン - 2017.04.10
プロフィールに、『M男君大好物です』『Mット大好きです』『貴方様を攻めまくりたいな』と記載があり、これを見るだけでどういうタイプの子が一目瞭然でわかる、ハルカさん。ただ、受け好きな方にとっては、もっと細分化して、どういう攻め派の女の子なのか、って部分を知りたいですよね。了解しております。そこんところ、さらに詳しく伺ってきましたので!


プロフィールによると、M男君大好物です、とあるね。
「うふふ。はい、大好物なんです。私、攻め派なので。悪戯しちゃうのも大好きで、相手が感じてる姿を見てると、どんどん燃えて来ちゃってで」
いいね~。ちなみに、攻めの楽しさに目覚めたのは、いつ頃から?
「うふふ。かなり昔からかも」
ほ~。でも、初体験は違うでしょ?
「いえいえ。初体験の時でも、けっこう攻めたがってたと思います。ほんと、最初にそういうことに目覚めたのは、小学生の頃でしたし」
え~! 小学生の頃と!
「うふふ。はい。なんか、小学生ぐらいの頃から、エ○チとはなんぞや、みたいな感じで興味を持ち始めてて。で、ある日、お父さんのDVDラックみたいなのがあるんですけど、それ、普段は全部、タイトルがいろいろ書かれてるのが普通なのに、タイトルがないDVDがあったんですよ。で、なんだこれ? と思って再生したら…、洋モノでした」
あはは! 見つけちゃったんだ!
「うふふ。はい。で、こういう世界があるんだ~、って知っちゃいまして。一応、セッ○スっていうこと自体はなんとな~くはわかってたんですけど、でも、具体的には全然知らなかったので、その時が初めて目の当たりにしたって感じだったんですよね」
うんうん。
「で、ちょっと罪悪感みたいなものも感じつつでしたけど、でも、好奇心のほうが強かったので、親の目を盗みながら、チョチョッと見ては、ササッと隠し、みたいなのがしばらく続いてたって感じなんです」
なるほどね~。それにしても、いまもなんだけど、Sっぽくは見えないよね?
「そうですね~。それはよく言われます。『おしとやかそう』って言われたりして、どっちかというと、Mに見られることのほうが多いんですよね」
そうだよね~。でも、Sであると。
「そうなんです。たぶん、普段の感じは、いま記者さんが感じ取ってくれてる、まさにそのままの、おしとやかそうな私なんですけど、でも、性のこととなると、Sになっちゃうんですよね」
へ~。ちなみに、どんなSなの?
「ぜ~んぶ私がやってあげちゃいたくなるS、って感じですね。だから、『全部お任せで、全部やって』みたいな方が多くって。特に、Mットが好きなお客さんが多くって、『もう、寝てるだけで全身気持ち良くして欲しい』みたいな感じのリクエストが多いんですよね」
ほ~。
「なので、常連さんとのプレイだと、ほぼほぼMットになってると思います。逆に、お付き合い長いお客さんと、Bッドでイチャイチャ、みたいな感じになると、妙に照れちゃうかも」
あはは。そこまでなんだ。
「うふふ。そうですね~。まぁ、私もMットするの大好きですし」
うんうん。プロフィールにも、Mット大好きとあるしね。
「はい。Mットに関しては、ソープでお仕事始めてから知った物ではあるんですけど、でも、初めてやったときから、Mットはやっぱり楽しかったですね。たぶん私、本質的に攻め好きなんだと思うんです。その、お父さんのエロDVD見つけちゃったときも、すっごいエロくて、興奮しちゃうんだけど、でも、どこかなんか、つまんないな~、って思ってて。で、その頃はそれがどうしてなのかわかんなかったんですけど、いま思えば、そのAVは、女の子が攻められてるAVだったからなんですよね」
なるほどね~。
「だから、本当に自分の性癖に気づけたのは、ソープで働き始めてからかも。お仕事する前の、普通に彼氏とエ○チしてるときも、なんとな~く、私からは手を出したりはしてたものの、でも、世間的には女の子からは手を出したりはしないしな~、みたいな感じで、ちょっと自分にブレーキかけちゃってましたし」
うんうん。まぁ、そうなるよね~。
「そうですよね~。でも、それが、ソープでは自分を出しちゃっていいんだ! って。で、お客さんもそれを求めてくれてるんだ! って。その環境になれたことが、私にとってはすっごい嬉しかったんですよね」
いいね~。まさに、天職だね。
「そうですね~。ほんと、そう思います。だって、女の子のほうがエロすぎたり、やり過ぎちゃったりしても、お店だと引かれることってないじゃないですか。プライベートだと、そこが気になって自分が出せないなって」
あはは。じゃあ、お店では、エロ全開と。
「うふふ! そうなんです。だから、毎日お仕事がすっごい楽しいんです! えへへ♪」

あらためて、Mットが大好きと。
「はい。Mット最高です。チョ~大好きです」
いいね~。じゃあ、ハルカさんにとって、Mットの良さとは?
「お客さんにはいっぱい気持ち良くなってもらえるものだし、私にとっても、楽しいことをし続けられるプレイだから、大好きって感じですかね。エ○チって、挿○の快感はもちろんあるんだけど、でも、それと同じぐらい大事なのって、そこに至るまでに、どれだけ快感を上げられるかって部分だったりすると思うんです」
ほうほう。
「だから、その、快感を上げる行為をやり続けられるプレイとして最高なのが、Mットだな~って」
なるほどね~。
「なんか、お客さんともこんな話してて言われた事あるんですけど、『Mットヘルスじゃダメなの?』って。で、詳しく話聞いてみたら、Mットヘルスって、短い時間の店が多いみたいで。30分とか。それだと、ちょっと違うな~って思ったんですよね。やっぱり私は、たっぷりMットやって、十分に快感高めたいんだな~って、そのとき思ったんですよね」
なるほどね~。ちなみに、このお店だと、1番ショートコースが50分だけど?
「そうですね~。それでももちろんMットはできるんですけど、でも、私的に1番いい感じにできるのは、70~80分は欲しいかな~。それだと、いっろんなジラしができちゃうので!」
あはは。いいね~。期待しちゃうな~。
「うふふ。お客さんからしても、いっぱい求めて欲しいです。欲しがって欲しいです。ジラされるのを楽しんで欲しいです」
うんうん! エロい!
「えへへ。なんかね、男性って、一般的には攻めることが多いと思うんです。プライベートでは。そういう人にも、私とのプレイでは、ぜひ受けになって欲しいなって思うんですよね。だって、男性って、『やって』って、彼女とか奥さんにはあんまり言えないじゃないですか。だから、仕方なく攻めてる人っていうのも多いと思うんです。でも、お店では、その遠慮は全然要りませんよって」
うんうん!
「それで、普段は、前戯っていう物は、男性にとっては攻めてることなんだろうけど、お店での、私とのプレイでの前戯っていうのは、いっぱいジラされて、いっぱい感じさせられちゃって、悶えさせられちゃって、楽しんで欲しいなって思うんですよね」
素晴らしいね~。受けの経験の場として、提供してくれてる感じもあると。
「そうなんです。で、目覚めてもらったり、遠慮なしのセッ○スを知って欲しいんです。本当の自分を曝け出すセッ○スを、って感じで」
すごいな~。深いエロ話だな~。
「うふふ。でも、そんなに難しく考えることでもないんですけどね。あと、Mットをぜひ、とは言ってますけど、そこを強要したりすることはしないですし、プレイでも、イヤなことは絶対にしないですし」
うんうん。いや~、これは、受け好きにはたまんないだろうし、初めて受けになる人にもお勧めできそうだわ。
「えへへ。ぜひぜひ。ぜひ、受けの楽しさを知って欲しいですね~。はい」

得意な攻め方は?
「ジラすこともそうだし、フェザータッチでサワサワして、ゾクゾクするような快感を与えちゃうことも好きですね」
いいね~。
「ジラすのも、ただただお預けにするんじゃなくって、ツッツッツッ、って刺激して、次はたっぷり来るかな~って思わせといて、まだ来ない! みたいな感じで、駆け引きしてる感じを楽しんでる、みたいなジラし方もしちゃいますし」
いいね~。悪戯っ子だね~。
「うふふ。こういうのを、ずっと続けてると、性感を高められるし、これまで感じたことなかった部分も、『初めて感じちゃった!』だなんてことにもなったりするでしょうし」
お~。開発もしちゃうと。
「えへへ。はい。そういう喜びも、また1つの楽しみですよね。で、私も、そういうのを新たに知って頂けることが、喜びでもありますし」
すごいね~。ちなみに、開発しちゃうことってよくあるの?
「そこそこあると思います。『こんな場所、感じたことなかったのに』っていう人、けっこういるので」
すご~い。
「あと、『ハルカさんの前でだけ、Mになれるわ』っていう方も」
ほ~! それもすごい評価だね~!
「うふふ。なんか、『自分はいままで、Sだと思ってたけど、Mだったのかも』とか」
真逆にもなると! 
「うふふ。なんか、『ハルカさんが、この、ゆったりした雰囲気だからこそ、本当の自分が出せれるのかも』って言われたことがあったんですけど、それは嬉しかったですね」
あ~、そのお客さんの気持ち、わかるかも。ハルカさんの空気感は、確かにそれあるわ。
「うふふ。ありがとうございます。まぁ、普段から私、こんな感じなんですけどね」
うんうん。スタンダードで、いい子なんだよな~って感じるし。
「あはは。いえいえ。ありがとうございます」
じゃあ最後に、普段から心がけてることってある?
「常に、全力で手抜きをしない。って感じですかね。やっぱり、どうしても、何回か来てくれたお客さんだと、仲良くなって、なぁなぁになって、ちょっとは手を抜いても許されるんじゃないか、みたいに思っちゃいがちになることもあるとは思うんですけど、私はそういう風にはならないよう気を付けてますね。むしろ、前回よりも今回のほうがもっと充実したサービスをしなきゃって。常に完璧を出すんだけど、でも、もっと、それ以上のサービスはないかっていうのを、常に更新できるように心がけながらお相手させてもらはなきゃ、って、思ってますね」
素晴らしい! やっぱり、いい子だわ!
「うふふ。いえいえ~。もっともっと、お客さんと楽しいエ○チをいっぱいして、喜んでもらいたいですし、一緒に私も楽しませてもらいたいだけですので。お店に来てくれたからには、頭の中真っ白になるまで快感に溺れてもらって、楽しんで帰ってもらいたいので。なので、私も全力でそのお手伝いをさせてもらいます。はい。うふふ♪」


[PLAYGIRL/イシガキ]

ハルカ(27才)
T165/B95(F)/W60/H95

クラブハウスクイーン』 - 鶴見
TEL:045-585-5878

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved