プレイガール吉原プレイガール川崎

川崎ソープランド情報サイト 川崎PLAYGIRL

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. クラブハウスクイーン - リンカ

インタビュー クラブハウスクイーン - リンカ

「ガチで気持ちよくなりたいんです」私、お店でのエ○チを楽しんじゃってるかも……。
「クラブハウスクイーン」リンカさんのプロフィール写真

「クラブハウスクイーン」リンカさんのプロフィール写真

「クラブハウスクイーン」リンカさんのプロフィール写真

「クラブハウスクイーン」リンカさんのプロフィール写真

リンカ - クラブハウスクイーン - 2017.09.13
『女の子がいっぱいエ○チしたがってるなんて実際無いだろうな~』って、未だどこかで思っていたりしませんか? これ、男が絶対に解き明かせない謎のひとつですよね。でも、それって女の子からはっきりエロ公言されることが少ないから、そう思うんだと思うんです。それを今回、ドカンと覆してくれる女の子に出会いました。いや~、やっぱり、女の子もエ○チしたいんですよ。気持ち良くなりたいんですよ。男がソープを求めるように、女の子も同じなんですよ。それ、このインタビューで感じていただけると思います。要は“リンカさん、めっちゃエ○チ好きな子”ってことなんです!


どんなエ○チが好き?
「立ちバ○クです!」
すごくエロ威勢のいいお答えで!
「うふふ! 即答ですね。立ちバ○クが何よりも大好きなので!」
いいね~。どういうところが好き?
「1番しっくりくるんですよね。普通のバ○クじゃなく、立ちバ○クが」
へ~。
「お客さんにもそう言われるんですよ。私、下付きらしくって……。お店入るまではアソコの位置でどうこうだなんて知らなかったんですけど、お客さんにそう教えてもらって、確かにな~って思ったんですよね。これまでに付き合ってエ○チした彼とのことを思い出してみても、みんなバ○クがよかったな~、って」
なるほどね~。
「で、プライベートでは、そんな立ちバ○クなんてすることなかったんですけど、お店入ってからしてみたら、これがチョ~よくって!」
より一層、感じちゃった?
「そうなんですよぉ~。あと、ありがたいことに身長も小柄なほうじゃないので、お客さんとの位置も“いい感じ”の高さに合わさるってこともあるようでして」
なるほどね~。
「だからいまは私からお客さんに『立ちバ○クでしてくれませんか?』ってお願いしたりすることもあるんですよ」
それはエロいお願いだね~! そう言うってことはリンカさん自身、とことん気持ちよくなりたいと?
「はい! もう、頭の中はそればっかり! ってぐらいかも」
エロ~い! 
「うふふ! だって、エ○チするんだから全力で楽しみたいなって思ってるんです。まぁ、楽しむ=気持ち良くなるってことじゃないですか」
うんうん! 話し方にもそれが現れてる!
「ありがとうございます。自分でも思いますもん。“私、だいぶ楽しんじゃってるな~”って。うふふ!」
素晴らしいね~。
「まぁ、最初に立ちバ○クが好きって言いましたけど、もっと広い意味で言うと『ガチなエ○チがしたい!』って思うんです。目的はやっぱり、気持ち良くなりたい! って思うこと、それひとつだと思ってるので」
エロ~い!
「あと、それは、男女共に、お互いに……。だと、私は思いたくって。でも、お客さんの中には『癒しが欲しい』って方もいらっしゃるから、そこはあんまり、エ○チばっかりグイグイ行き過ぎるのもアレなのかな?って考えたりもしますけど」
なるほどね~。でも、リンカさんとのプレイは“ガチエ○チ”が良さそう!
「うふふ! そう感じてくれると私もめっちゃ嬉しいです。実際、私に会いに来てくれる方もみんなそう思ってくれるみたいで、満足もしていただけてるようでして。うふふ。同時にやっぱり、私もっ! なんですけどね」
いいね~。エロエロなんだね~。
「そうですね~。まぁ、ガンガン派なんですかね~」
あはは! ガンガンのエロと!
「はい。でも、そうやってお客さんとお会いする機会が増えていくうちに、ちょっとづつ私も“癒し”って意味もわかってきたかな~って思ったりもするんです。なんか、疲れたときにこそエ○チってしたくなるじゃないですか。で、そういうときのエ○チって“ガンガン”じゃなくって“快感に包まれたいようなエ○チ”と言いますか……」
なるほどね~! 深い話だけど、すっごいよくわかる!
「うふふ! そうなんですよね~。これは、いろんなお客さんとお会いしてて感じて、エ○チしたいんだけど、その内容が少しづつ、人それぞれ違うのかな? って。これまでは、イメージとしては激しいエロこそ、なによりなものだと思ってたりもしたんですけど、そうじゃないパターンもそれはそれで確かにあるな……って」
なるほどね。勉強になるな~。
「私もまだまだなんですけどね~。でも、そこに共通するのは“本当の快感をお互いで感じ合いたい”ってことなのかなと」
うんうん! やっぱり究極はそこに繋がると!
「そうですね~。なので、エ○チってなんだか奥深いんだけど、結局は気持ち良く感じれることが何よりなのかな? って思いますね。私も、お客さんも共にですけどね。うふふ♪」

好みの展開ってある?
「どうなんだろ? あまり考えたことはなかったな~。最終的には、お互いに気持ち良くなれればって感じなので、その辺は絶対のこだわりとかはないですね。でも、私が接客させていただく側なので、私からリードして、お客さんを攻めていくことからスタートはしています」
なるほどね~。でも、そこからの展開は、その場次第と。
「そうですね~。始まってしまえば、その場の空気感であったり、お客さんのご要望などを優先して“流れ”は変わっていきますしね。あと、けっこうはっきりと、お客さんから『どうしたい』『こうしたい』って言ってくださることも多いですし」
へ~。ちなみに、その要望の中で、リンカさんのキャパ越えしちゃうことは?
「あ~、そう感じたこともないですかね~。あまりアブノーマルなことをお求めになるお客さんもいなくって、スタンダードなエ○チをいっぱい楽しみたいって方ばっかりなのかなって」
へ~。じゃあ、完全に流れに任せてても、リンカさんは最終的に気持ち良くなれてると。
「はい。そうですね~。ほんと、お任せのまんまになっても、そうなれてるんですよね。お客さん皆さん、紳士な方ばっかりですし」
それは素晴らしいね~。
「だから……結局はなんだかんだ全部楽しいのかな~。あっ、以前ちょっとあったレアケースが、パンストを持ち込みされたお客さんがいたんですよ。『履かせて、破きたい』って」
ほう! それはまた、少しマニアックプレイだよね。やって、どうだった?
「楽しかったです!」
あはは! 結局はエロ楽しめたと!
「そうですね~。なんなら『すっごく楽しかった!』ってぐらいかも!」
エロ~い! これはもうキャパ越え云々じゃないわ。リンカさんがエロエロなんだわ!
「あはは。いえいえ~。自分でもなにか性癖があるかとか、そういうのはあんまりわかんないんですけど、エ○チが好きなんですよね。エロいのとか、気持ち良いのとかが……ね! うふふ♪」

お店で働き始めて、なにかカラダの変化ってある?
「感じやすくなりました。これはだいぶ。自分でもわかりますね。開発されてるな~! 開発が進んでるな~! って」
いいね~。エロ進化してると!
「そうですね~。でも、それも私自身求めてることでもあるのかな~って。やっぱり、エ○チでは気持ち良くなりたいじゃないですか。そうなった場合、感じるポイントが多くなったり、より感じちゃえるようになれるのならそうなりたいなって。そのほうが単純に気持ち良いエ○チが出来るし」
とにかく快感をと。
「うふふ。そうですね~。そうなんですよね~。だから、ガチでエ○チしたいです。あんまり言い過ぎちゃうとアレなんですけどね……」
あはは。うんうん。リンカさんのエロは、清々しいエロで素晴らしいよ!
「あはは。ありがとうございます。素直に快感を得て、気持ち良くなって……ってね。そんなエ○チはやっぱり男女共に最高ですよね。うふふ♪」

リンカさんの性欲って、どれぐらいなんだろう?
「けっこう深いかもしれないです」
ほう!
「うふふ! 回数でいうと……だいたいは男性のほうが『ギブアップ!』ってなっちゃうことが多いです」
うひゃ~! そんなこともあるんだ!
「えへへ。そうなんです。でもね、こればっかりはしょうがないですよね。男性はやっぱり回数に限度がありますし」
これも、すごい話だな~。ちなみに、どれだけしたいの?
「出来る限り! ですね」
あはは! エロ~い!
「うふふ! まぁ、お店だとね、時間に限りがあるのであれですけど、でも、たとえば、短い時間のコースでも、もし2回戦出来るのなら2回戦したいですし、長い時間とっていただけるのなら、それはもう出来る限りいっぱいしたいですし」
嬉しいね~。その気持ちってサービス精神でもあるの?
「まぁ、それもありますけど、お店だからのサービスってことより、やっぱり本能的にしたいのかなって。お互いに。だって、もし私が男性だったとしたら、めいいっぱい楽しみたいって思うと思いますし。時間全部を。だから、もし私が男で、お客さんとしてソープに行ったら、短い時間でも『2回したい』って思いますし。で、私は女ですけど、同じように女としても『いっぱい気持ちよくなりたい』『いっぱいエ○チしたい』って思いますし。だから、それをお店でしたいなって」
すごいな~。いや~、男の気持ちまでわかってくれてるとは。素晴らし過ぎます!
「あはは。いえいえ~。ほんと、私も楽しませてもらってるだけですから。はたから見たら『お前ばっかイッてどうする!』みたいなことになってることもあるかも知れないですけど! うふふ! でも、そうやっていっぱい全力で感じるエ○チをたくさんしたいですね。そう思います」


[PLAYGIRL/イシガキ]

リンカ(23才)
T165/B85(C)/W58/H88

クラブハウスクイーン』 - 鶴見
TEL:045-585-5878

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ

【サイトマップ】

【ABOUT US】

プレイガール川崎とは…
川崎・横浜地域のソープランドに特化したソープランド情報サイト【PLAYGIRL川崎】は、川崎と横浜に地域密着し、早くて濃いソープ情報を提供しています。お客様が、川崎や横浜のソープ嬢やソープランドを簡単に、探し、比べ、選ぶことができるサイトを目指し、制作・運営しております。毎日新しいオリジナルのコンテンツをUP、他サイトやソープランドのオフィシャルサイトでは見られない、ここだけの情報が満載です。さらにソープ嬢が投稿する「写メ日記」、ソープランドが投稿するお得情報「お店からの投稿」など、毎分毎秒、目が離せません。プレイガール川崎はソープ好きなあなたを全力で応援しています!!

Copyright (c) 1998-2015 川崎ソープランド 情報サイト PLAYGIRL川崎 All rights reserved