ナチュラルプリンセス

TEL:044-874-6199

インタビュー
INTERVIEW

女の子のエ○チなことが盛りだくさんのロングインタビュー。

2020.1.8
ナチュラルプリンセス

ゆき
20才 T160.B83(C).W57

ゆきのインタビュー|ナチュラルプリンセス 川崎格安店ソープ

2020.01.08
完全未経験の現役女子大生! 経験希少での入店! バ○クでされてると『反応いいね』って言われちゃうんです♪

風俗完全未経験で入店した、ゆきさん。入店から1か月ちょっと経ったいまでも緊張はしており、とても初心な雰囲気が男心をソソります! ちなみにオモチャを使った経験も、オナニーをした経験もなく、エロ経験値はかなりまっさらのようですよ! ただ、カラダはかなり敏感肌のようなので開発伸びしろは多くありそうで…。さぁ、攻め好き&開発好きの方、お試しでいかがですか?

現役女子大生と。
「うふふ。はい。大学生です」
お~。何系を学んでるの?
「文系です。漢字とか文書力はあんまりですけど」
あはは。そうなんだ。じゃあ、キャンパスライフはどう?
「うふふ! 学校は楽しいです。サークルとかは入ってないんですけど、普通に学校通ってるのが楽しくって好きですね」
いいね~。勤勉な感じするもんな~。風俗にいなさそうな子って感じもする。
「うふふ。お客さんにもそうやって言われますね」
だよね~。ちなみに、風俗完全未経験とあるね。
「はい。このお店入るまでなんにもしたことなかったです」
お~。緊張した?
「めちゃくちゃしました。というか、いまでもまだまだ緊張してます。まだ1か月ちょっとしか経ってないので(取材時)」
だよね~。どういうところに緊張する?
「なんでしょうね~。けっこうずっとかも。エ○チしたら仲良くはなれるんだけど、それでもまだまだ緊張は残ってる感じもありますし」
うんうん。なんだか初々しさがいいな~。
「あはは。えへへ♪」
じゃあ、プレイ展開はどんな感じに?
「お客さんに身を任せさせてもらってることが多いと思います。ガッツリ攻めて、技でどうこうして~みたいなのは全然できないので」
うんうん。
「あと、私のプロフィールを見て指名して来て下さるので、お客さんも私が素人ってわかってくれてるみたいで。だから、お客さんからリードしてくれることがほとんどなんですよね。皆さんお優しくって」
いいね~。じゃあ、具体的にいつもの流れを教えて?
「まず一緒にお部屋入ってきて、お客さんの上着預かって、ハンガーにかけて…」
うんうん! ゆきさんのドキドキが伝わってきて、こっちもドキドキしちゃう!
「あはは。それで、Bッドに一緒に座って、近い距離な感じでお話して、気付いたらチュウしてもらってて~、みたいな」
いいね~! ドキドキするな~。
「うふふ。それで、お客さんによっては積極的に服脱がせてきてくれて、そのままBッドに押し倒されて~みたいになるときもあるし、お互いにイチャイチャしながら~みたいな雰囲気の時は、私もお客さんの服に手をかけて、お互い脱がせ合って~って流れになるときもありますし」
うんうん。ちなみに、最近の衣装はどんな感じだっけ?
「決まりなのはホットパンツです。上はなんでもいいみたいなんですけど」
ほうほう。ホットパンツの穿き心地はどう?
「うふふ。ドキドキしちゃいます。かなりきわどい感じなので。私的にも普段穿かないズボンだし、パンツとかもすぐ見えちゃう感じなのでドキドキしちゃいますね」
エロいね~。
「それプラス上はYシャツなので、なんだかいろいろとスケスケ感があるんですよね。そこにもドキドキしちゃいますし」
うんうん! いい組み合わせだな~。
「うふふ。最近はちょっと自分でもアレンジしてて、お腹のところで結んでへそ出しみたいな感じでやってますけど」
いいね~。ウエスト細いし、めちゃくちゃ似合いそう!
「うふふ。ありがとうございます。夏の海っぽいですけどね~」
いいと思うな~。これはお客さんも手を出したくなるな~。
「うふふ。キテくれるの嬉しいです♪」
うんうん! ちなみに、攻めを求められたら?
「ほっとんどしたことないんですけど、頑張ります」
いいね~。じゃあ、最近覚えた攻めってある?
「そんな意外に思ってもらえるほどの攻め方とかは全然できてないと思うんですけど、乳首舐めたりとか、オチ○チン舐めたりとかはしちゃってます」
いいね~。エロいね~。
「乳首舐めたりなんて、プライベートでもしたことなかったんでけっこうドキドキしちゃいますけどね。いまだに」
ほ~。やっぱり初心な感じがいいな~。じゃあ、フ○ラについては?
「もちろんそんな上手って言える感じのものではないと思います。たまに『上手だね~』って言ってもらえますけど、私的には本当ですか~? 大丈夫ですか~? って不安になっちゃうぐらいで」
そうなんだ~。
「たまに、『こんな感じでして、こんな風に舐めて』って言って下さるお客さんもいるんですけど、そういうときはなんだか安心できるかも知れないです。あ、こんな感じが喜んでくれるんだ。そっち系で頑張ろうって思えるので」
なるほどね~。お客さんの好みを理解して攻めたいと。
「そうなんだと思います。自分ではその好みを見つけられないので、教えて欲しいんです」
うんうん! そしたら頑張ってくれると。
「うふふ。はい♪」
嬉しいね~。じゃあ、受けについても詳しく。
「けっこうくすぐったがりなんですよ。だから、くすぐったく感じるような刺激だとクネクネしちゃってだめなんです。オッパイとかアソコとかは普通に感じちゃうんですけど」
ほ~。ちなみに、どこがくすぐったく感じる?
「背中とか、内ももとか、けっこういろんなところなんですけど。お客さんには、『これだけ敏感だったら将来性感帯に変わるかもよ?』って言われたんですけどね。うふふ。でもいまのところはくすぐったいが勝っちゃうんですよね」
なるほどね~。これは将来楽しみだし、見守りたくなっちゃうな~。
「うふふ! えへへ♪」
じゃあ、アソコについては?
「クリが気持ち良いです。優しく触ってもらうのが気持ち良いです」
1番の性感帯と言えそう?
「そうですね~。いまはそう感じてます」
うんうん。ちなみに、オモチャを使った経験は?
「まだないです。いくつかバリエーションあるみたいですけど、どれもないです」
ほ~。じゃあ、オナニーの経験は?
「それもまだないんです。完全に1回もないかも」
ほ~! かなりの未経験値だね~!
「うふふ。そうなんです。ほんと、全然知らないことばっかりで」
うんうん。じゃあ、好きな体位と言えば?
「正○位と、騎○位と、バ○ク、座〇、寝バ○クはしたことあって、それぞれ気持ち良いな~と思います。個人的にどれが1番いいっていう感じより、お客さんが喜んでくれるのが私も楽しいなって思っちゃいます」
ほうほう。じゃあ、アクロバティックな体位だと?
「うふふ。駅〇とかですかね? 聞いたことあるけど、やったことはないです」
うんうん。やはり未経験な面がたくさんあるね~。これはお客さんみんな、開発したくなるかもな~。
「うふふ! 恥ずかしいですね~。えへへ!」

いま課題にして頑張ってることってある?
「やっぱり、サービス力をあげなきゃっていうのは思います。騎○位とかも、できなくはないんだけど上手に動けてる訳じゃないので、そこはちゃんとしなきゃだな~って」
偉いね~。
「いえいえ~。元々運動神経もいいほうじゃないので、上手にカラダを動かしたりするの得意じゃないんですよ。でも、そうも言ってられないと思うので、できる限り頑張りたいなって思ってます」
うんうん。ちなみに、騎○位で下から突き上げられる、みたいなのもあるけど?
「うふふ! それ、好きです♪」
エロいね~。やっぱり攻めたくなるな~。
「あはは。そういう意味で言うと、もしかしたら私、バ○クでされてる時が興奮度高いかも。そこまで大きな差を感じているわけじゃないですけど、気持ち的に若干上がるような感じがして」
ほ~。
「お客さんにも、『バ○クの時の反応がすごかったよ』って言われたりもして。たぶん、入り具合もいいみたいなんです」
ほ~! なんだか、少しづつ好みのエ○チが解明してきてそうだね。
「うふふ♪ かも知れないです。なんか、いろんなタイミングでこれはなんかあるな、っていうのは感じてるかもです。どうなるのかわかんないですけど。うふふ♪」

お客さんにメッセージを。
「たくさんお客さんとコミュニケーション取れるよう成長していきたいと思います。あと、大人の女性としても♪ お客さんにも、いろいろ教えて欲しいです♪ うふふ。頑張ります♪」

[PLAYGIRL/イシガキ]
navigate_nextインタビュー一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded