ナチュラルプリンセス

044-874-6199

インタビュー
INTERVIEW

女の子のエ○チなことが盛りだくさんのロングインタビュー。

2020.8.12
ナチュラルプリンセス

おとは
20才 T173.B86(D).W58.H84

おとはのインタビュー|ナチュラルプリンセス 川崎格安店ソープ

2020.08.12
全身性感帯&通常より2倍高い敏感体質! エ○チが好きだからソープでお仕事してます! エ○チが好き者同士で興奮と快感を求め合いたいです♪

彫刻のような美ボディと称される、おとはさん。今回はムービーと同時取材させていただきましたのでビジュアル面はぜひそちらでチェックしていただきたいです。そしてこちらでは彼女のエロ~い内面を丸裸にしちゃいましたよぉ~。エ○チが好きだからソープでお仕事をしており、ソープは天職と語る彼女。まさしく好き者だな~というのがひしひしと伝わるインタビュー。どうぞご覧下さい!

今回はムービーと同時取材ということで。
「はい。浴衣でぇ~っす♪」
いいね~。似合ってるよね~。
「えへへ。ありがとうございます。たぶん椿の柄なのかな? けっこうちゃんとしたやつなんです」
うんうん。立派だよね~。あと、浴衣でもくびれが凄いのがわかる。
「あはは。逆に浴衣だとね~、くびれあるとバランス変になっちゃうんですよね~。一応板みたいなの入れたりしてるんですけど、でも腰の辺りがへこんじゃって」
いや~、これはこれでハダカも想像したくなるからいいと思うな~。
「あはは。想像してくださいぃ~。うふふ。くびれは自信ありますので」
素晴らしいね~。自他共に認めるくびれと。なにか運動でもしてるの?
「最近は全然してないです。でもお店でめっちゃ動いてるので、ある意味毎日が筋トレ状態~、みたいな感じです。あはは」
あはは。それにしても、そんなに動くんだ!?
「うふふ! はい。私、どっちかというとお店ではけっこう攻め派になることが多いんですよ。だから私から発信で動くことが多いんです。Mっ気あるお客さんが多いのかな? 騎○位とかめっちゃしますし。腰めっちゃ振りますし」
いいね~。エロいね~。
「うふふ。次の日筋肉痛になることとかもしょっちゅうありますもんね。これは確かにウエストに効くな~って」
なるほどね~。
「あとは、元々筋肉質な体系っていうのもあるし、学生時代にはクラシックバレエも習ってたので体幹の基礎も一応あるんですよね」
バレエもしてたんだ~。じゃあ、柔軟性も?
「はい。めっちゃ柔らかいです。だからお客さんにもいろんな体位でリクエストされますね。私もどんな体位でもポーズもできちゃうので、なんでもあり! って感じですけど」
素晴らしいね~。じゃあ、マ○グリ返しとかも余裕で?
「はい。全然余裕でできちゃいます。Y字バランスもできますし、開脚もできますし」
すごいね~。じゃあ、1番お勧めの体位は?
「それはやっぱり騎○位かな~。受け好きなお客さんにはですけど。騎○位って、上下に動いたり前後にスライドするように動かしたりとかいろいろあるじゃないですか。そーいうの私、全部できるしいろいろ織り交ぜつつ一心不乱に腰振りますので」
エロ~い!
「うふふ。ロデオマシーンに乗ってるみたいなね。1番大変なのは上下運動なんですけど、あれもやってると気持ち良さそうにしてくれるのでいっぱいやりますし」
いいね~。あと気になるのは、それだけ体幹がよければアソコの締まりもいいのかなと。
「うふふ。それあります。お客さんにも『キツいね~!』って言われます。指入れられたときも、オチ○チン入ったときも、『キツい~!』って」
エロいね~。でもやっぱりそうなんだ~。
「そうですね~。自分でもキュ~! って締まってる感じありますし」
いいね~。じゃあ、ほかに褒められるカラダの部分も多いんじゃない?
「お尻も締まって上がってるので、『このお尻好き』って言われることも多いですね」
うんうん! 写真で見てもわかるけど、美尻だよね~。
「うふふ。ありがとうございます。お店ではだいたいTバックを履いてるんですけど、皆さんお尻見て『おぉっ』みたいなリアクションしてくれるんです」
最高だね~。
「えへへ。たまに、『あえてフルバックのショーツ履いてるところも見てみたい』みたいに言われることもありますね。私、普通のショーツ履いててもお尻の半分が出ちゃうんですけどね」
ほ~! 張りがあるから溢れちゃうんだ!?
「そうなんです。プロフィール写真のショートパンツもそうですけど、あんな感じになっちゃって」
確かにそれはそれでエロいな~。
「うふふ。そのプロフィール写真の撮影の時も、カメラマンさんに『おとはちゃんの為にあるようなパンツだね~』なんて言ってくれて、いやいやそれは言い過ぎだよぉ~、なんて話してました」
あはは。でも最高の褒め言葉だわ。
「うふふ。照れちゃいますよね~。この前友達にも、お腹出すような服着て歩いてたら『彫刻みたいじゃん』って言われちゃいました。うふふ」

お店では攻めになることが多いと。
「はい。でも、本音はどっちも好きなんです。もちろん受け好きなお客さんには私が攻めになりますけど、攻め好きなお客さんだったら全然攻めてもらうのも嬉しいです」
うんうん。
「まぁ、私の快感とかそういうのもあれですけど、もっと根元にあるのは一緒にエ○チして相手に喜んでもらうことが私の喜び、って感覚ありますね。お互いそれぞれ個人的に快感の楽しさあると思いますけど、私はお互いで満足することが私にとっては1番の満足って感覚です」
いいね~。
「だから常にお客さんには、どうしたら喜んでもらえるかな~って考えながらプレイしてますし」
ご奉仕精神が強いんだね~。
「そうですね~。結局はそれが私にとっても満足度なので自己満足でもあるんですけど。だから筋肉痛になるぐらいの騎○位することも、全然私は喜んでさせていただいてるって気持ちなんです」
素晴らしいね~。ちなみに、おとはさんが個人的に好きなプレイは?
「なんだろな~。いろいろ好きですけどね~。オーソドックスなので言えば、キスは大好きです。しょっぱなからけっこう突っ込んじゃうぐらいのキスとか大好きですし。いっぱい舌絡め合う感じの」
エロ~い。
「うふふ。なんかね、キスの感覚も好きだし、いきなりこんなにディープキスしてる~! っていう衝撃を受ける感じも好きなんです。ほかの女の子とかに話聞いてると、最初はチュッチュッ、って様子見しながらキスするのが多いらしいんですけど、私はそこを一気に振りきって、いきなりディープキスしたいんですよね。それがもしご挨拶のチュウだったとしたら、そのご挨拶のまんま濃厚でエンジン全開のセッ○スに突入しちゃう~! って感じの勢いある感じの」
激しいね~。エロエロだね~。
「うふふ! ご案内の最中の、部屋に着くまでにもうそんなキスしちゃったりね。でも、ヘタしたらそこまで激しいキスしたらお客さん引いちゃうかも知れないじゃないですか。それは私も心配してるんです。だから毎回ガツガツはしないんですけど、もしそういうのが好きな方だったらそういうスタートダッシュ的なキスは私はウェルカムです」
うんうん!
「ひと言でいうなら情熱的な~、って感じなんですかね。キスもそうだし、エ○チ全般で見てもそんなエ○チが好きなんです」
好き者なんだね~。それが伝わってくる。
「あはは。それ嬉しいですぅ~。私正直、このお仕事はセッ○スが好きだからやってるんですよね。お金とかじゃ全然なくって。ほんとにセッ○スが好きだからソープやってるんです」
ドエロいな~。まさに天職と。
「そうですね~。淫乱な雰囲気とかも大好きですしね~。エ○チな世界に没頭できる空間でお仕事できるって、ほんと幸せだな~って思います。うふふ♪」

性感帯は?
「ほんっとに全身です。私、全身の神経がほかの女の子よりも2倍ぐらいあるんじゃないかって自分でも思うほど敏感なんです」
へ~。
「だからなんでも気持ち良くって。ちょっと触られただけでも鳥肌立っちゃって、ゾクゾクしちゃって、それがエ○チなタッチだったら当然感じちゃうしで」
エロいカラダだね~。
「うふふ。たまにその反応に心配しちゃうお客さんがいるぐらいですもん。あまりにも私がビクビクしちゃうから、『こんなに反応しちゃってるけど大丈夫!?』って」
すごいね~。ちなみに、苦手な部分っていうのもある?
「え~、全然ないと思います。苦手って…、たとえば?」
脇がくすぐったいとか、首がくすぐったいとか。
「全然平気です。まぁ、平気というか、ビクビクして感じちゃいますけど」
エロいね~。じゃあ、アナル舐めは?
「舐められるのも全然平気です。指入れはちょっとあれですけど。逆に私もお客さんのアナルめっちゃ舐めますし」
エロ~い。
「うふふ。おとははほんと、全身舐めちゃいますよ。もちろん綺麗にしてからですけどね。これぞ全身リップ! っていうぐらい、全身くまなく舐めちゃいます。足の指の間とかもぜ~んぶ! ベロンベロンに」
すごいね~。
「うふふ。マイナーなところ舐め過ぎて驚かれちゃいますもんね。でも、『こんなところ舐められたことない!』って驚いてもらったり、感じてもらったり、喜んでもらうことが私も嬉しいので、ほんと隅から隅まで舐めちゃうんです」
献身的だね~。じゃあ逆に、おとはさんはどこを舐められると嬉しい?
「うふふ。ほんと全身気持ち良いんですけど、やっぱりクリ○リスが1番感じちゃうかな~。いい感じに刺激されてるとイッちゃいますし。というか、めっちゃ濡れちゃいますし」
濡れやすいんだ!? 
「はい。クリちゃんされてるとめっちゃ溢れ出ちゃうんです。だから、最初にいっぱいう触ってもらってビチョビチョにされちゃうと、そのあと舐めてもらうときにこんなに濡れちゃっててごめんなさい、って思っちゃう」
エロ~い! 逆に興奮するけど!
「あはは~。ほんと、ものすっごい濡れちゃうんですよぉ~。攻め好きで超じっくり攻めてくれるお客さんだったら、ほんと大変なことになっちゃうんです」
うんうん! 
「なんか、自分でも思っちゃうんですけど、これAVじゃん! みたいな雰囲気になるエロさって好きなんですよね。自分がそこまで濡らされてるのもそうですし、エロ~い感じでフ○ラしてるのとかもそうですし。もう、ヨダレいっぱいでオチ○チンビチョビチョになってる~みたいな。ほんと、そんなエ○チ好きなんですよね」
淫乱だね~。
「うふふ! 結局はそういうことになっちゃうんですよね~。ほんと、エ○チ好きなんですよね、私。うふふ♪」

お客さんにメッセージを。
「遊びに来てくれたってことだけですごく嬉しいので、それに対してまず精一杯恩返ししたいです。その上で、一緒に楽しく大盛り上がりして大興奮できるエ○チができたらいいなって思ってます。最終的にはお仕事でエ○チしてるんじゃなくって、お互いセッ○スが好きな物同士でエ○チしてる感を感じ合えたらいいなって思ってます。宜しくお願いします♪」

[PLAYGIRL/イシガキ]
navigate_nextインタビュー一覧ページへ
お店に電話する phone_forwarded