オフィスラブ

TEL:044-589-4955
お問い合わせの際には、必ず
プレイガールを見た!とお伝えください。

USER REVIEW
ユーザー体験投稿

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2016.5.26
オフィスラブ
ミコ
25才 T158.B88(E).W57.H87

2016.05.26
【まめ小僧記者の体験・口コミ情報】  オフィスラブ ミコ


 記者名
記者名「まめ小僧」

 遊んだお店・遊んだコース
・<格安店> 45分コース

 遊んだ時期
2016年5月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 普通

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
【懐かしの横浜】

大学生となり初めてこの地を踏んだまめ小僧は、横浜の持つ特有の「ハマの匂い」に身を包ませながら、毎日のように駆け回り、文字通り青春時代を過ごしてきました。

そして当時は川崎というチョットやばくて、怖くて危険なニオイのする場所は避けていました。
そんな川崎を知るのは、社会人となってからの事で、そこからは主戦場を川崎とし、文字通り性春時代を過ごしてきました。

そんな学生時代の街「横浜」も、大人を知った街「川崎」も仕事の都合で足が遠のき早数年。。。

-------------

本日は横浜で久しぶりのお仕事でした。

ハマの街並みは懐かしくもあり、新鮮に姿を変えて新しい匂いを起こしたり。
ノスタルジックな想いを寄せながら仕事場へ向かいます。

仕事は順調に進み、思ったよりも若干の時間を残して早く上がれることになりました。
しかし、お昼過ぎには次の仕事場へ入らなくてはなりません。

時計に目をやり、色々と考えると1時間少々の自由時間がとれそうです。
そう、1時間です!!

どこかのキャッチフレーズにありましたが、
「そうだ、お風呂行こう!」
こんな考えが浮かぶのも「ハマの匂い」のせいですよね、仕方がありません。

電車で移動しながら、スマホでせっせと調査します。
(住民の皆様も電車内はマナーを守りましょね!)
なんせ、急なことなので情報が足りません。
1時間丸々使えませんので、4、50分てとこでしょうか。

調査の結果、45分というジャストのサービスを展開しているのが、今回のオフィスラブさんでした。

どこかで聞いたことのあるお店だと思ったら、後々「PLAYGIRL協賛店」の一つだったのですね。
バナーがサブリミナル効果のように残っていた為、無意識のうちに突撃となりました。

お店は古さが漂います。
しかし、女の子の写真は秘書のカッコをしています。

「なるほど、オフィスラブだからね、恰好(設定)だけはね」

そんな想像は跡形もなく吹き飛ぶなんて、この時は思いませんでした。。。

 女の子の第一印象
写真の「ミコ」嬢はどこかエロスが隠せない嬢でした。

スタイルは162cm、B88(E)、W57、H87
身長のと比べてもキュット腰が引き締まり、まめ小僧の大好きな○ッパイがEカップ!!

これが決め手となりご指名でした。

ご対面すると、下着が見えそうなタイトな超ミニスカートにはプリプリにお尻が実っているのがわかります。
上半身はポンと突き出したバストラインが見えてとれます。

白シャツを着て、ジャケットを着て、確かに秘書スタイルでお出迎えです。

一つ違うのは、色気が出過ぎです!!!!!

ぽってりとした唇。その少し目尻の下がった柔らかい目に長いまつ毛。
そして、セクシーなボディライン。
その笑顔すら妙に色気が出ています。

HPにも書いてありますが、確かに「魅力的すぎる自然な雰囲気」とは彼女をおいてはいないでしょう。
優しそうでエロそうで、清楚そうでエロそうで、仕事が出来そうでエロそうで。

本当に「ミコ」嬢が秘書だったら、絶っっ対に仕事にはなりません!
朝から晩まで変な事を考えてしまい、×××をする為に「ミコ君、ちょっと、、、」と声を掛けてしまうでしょうね。

出会って部屋まで手をつなぎ、その日はちょっと暑かった横浜のせいで汗が手を湿らすのがわかります。

部屋へ入ると思わず「エロいねぇ」と声を掛けてしまいました。
 
 プレイ内容
「机は後で使うから、こっちにカバン置くね」

いつものようにカバンを机に置こうとしたら、そう言われました。
頭にクエスチョンマークが浮かびます。

「机を、、、、つかう、、、?」

なんのことかわかりませんが、言われたようにしてみました。

「椅子に座って!」

そう言われここで椅子に座ります。
やっと、気づきました!
机は普通の「テーブル」ではなく、社長室にあるような木の重厚な「机」なのです。
そして、「ソファ」ではなく、回転する役員クラスの「椅子」。

「へ~、そういう設定ね」とまめ小僧が聞くと、

「そうなの、この机の上でこうやったりとか、こんなことも出来るの」

と言って、机の上に寝そべって脚を広げたり、机のへりに立ちお尻を向けて
おねだりポーズを決めてみたり。

「そ、そうなん、だ。。」ちょっと戸惑ったまめ小僧を尻目に、笑顔が近づいてきます。

その魅力の一つのセクシーな唇がワタクシメの唇に被さります。
と同時にYシャツのボタンをとり、クネクネしながら脱がせていきます。
上半身を脱がせるだけでムスコが大きくなってくるのがわかります。

何故か?そう、エロいんです。一つひとつのポーズ、指使い、笑顔、全部がエロ。
しかしながら、秘書という役割も忘れておらず、シャツ、ズボン靴下など丁寧に畳んでしまっていきます。

「ここの椅子でしちゃったりもできるんだよ~」

とか言って、男の本心をスレスレにくすぐってきます。

パンツ1枚になったワタクシメはまだ椅子に座ったまま。
嬢は○クビ舐めから脇を通り、その少し汗のかいたパンツの上からムスコを掌で触りながら舌を出して(パンツの上から)舐めてきます。

「エロい、なんてエロいんだ、、」こんなことを百人中は百人は思うでしょう。

嬢はパンツを脱がせて、まだシャワーも浴びていないムスコをレロレロし始めました!
舌で裏スジをスゥーと舐めたと思いきや、頭からジュボっと咥えこみます。
柔らかい唇のヌメッとした感触が快楽を増します。

と、気づくとまめ小僧の座っている反対側の壁に鏡が立てかけられています。
そこに、座った自分と股間に顔を埋めている嬢が見えるではありませんか!

「こんな仕掛けがっ!」と思っていると、

「鏡がイイ仕事するでしょう?」

と笑顔でエロスの表情を見せ、こちらの気持ちを代弁してくれます。
確かにこの鏡が絶妙。スーツに身をまといヒールを履いたままの女性がフ○ラをしているのです。
こんな空間はどこに存在するでしょうか?

暫く鏡を見ながらFを堪能します。
スカートが超ミニの為、段々と上にずれてきています。

お尻が見え始め、ストッキングの中のうっすらとしたスジが鏡越しにわかってきます。

そう、スジが・・・・・

えっ!?スジが見える?

この嬢ノーパンon the ストッキングだったのです!!!

「ええ~、ノーパンだったの?」と問いかけると

「後でストッキング破いてしちゃってもいいんだよぉ」

「破いて?」

「破いた事無いの?うそ~破いた事あるでしょう?」

この完成されたエロスにノックアウト寸前です。

ムスコもMAXになっているのは言うまでもありません。
それでも、嬢はフ○ラをやめません。手でワタクシメの○クビを刺激しながら、○マをペロリン、サオをジュルジュル。
未だ嬢はその豊満な裸体を見せておらず、着衣のままフ○ラをしています。
触りたくてもシャツの上からしかタッチできない。
若干、襲われている感覚すらあります。

「あ~~~、気持ちイイ~www」と言うと、

「んふ♡机の上でしちゃう?」

とのお誘いと同時に嬢は机に上がり脚をパックリ広げてスカートの中を見せてきます。

ストッキングの中にある、うっすらとしたヘアが湿り気を帯びて蒸れているのがわかります。

もう、どうにも止まりません。

ストッキングの上から舌をあて、その味を確かめます。
ふわっとした女性の匂いと、ざらっとしたストッキングの感触。

「やぶいちゃっていいんだよ♡」

との言葉に、戸惑いはありません。
もう待っていましたとばかりにビリビリにし、秘部を拝みます。

少なめのヘアは濡れ、綺麗で、いやらしくテカった秘部です。
○リは突起しています。

「んふ~♡」

「どう、入れていいんだよ♡」

いちいち言葉がエロい。
ムスコを秘部にあてがいスリスリし「このままいいの?」と聞くと、

「ダメだよう~♡」

家族計画を取り出し装着してもらい、ニュルリと押し込みます。
ムスコの周りにやぶれたストッキングのざらついた感覚もあります。
ボリューミーなお尻を両手でつかみピストンのクッションにしながら、嬢は机上、ワタクシメは立ちの姿勢で腰を振ります。

鏡には自分が全裸で腰を振り、ムスコが出入りし繋がっているのが映っています。

普通ではありえないシチュエーションに『妄想空間』の完成です。

「興奮する~♡?はぁぁぁ~~~♡」

エロイ、なんて言ったてエロイ。
着衣のまま嬢が感じる行為は初ですが、エロさ200%ですね!!!

冒頭に、「ミコは(机にしがみついて立ってお尻を突き出し)こうやってするのが好き♡」と言っていたことを思い出します。

やりましょう。

立ちバ○クというものを。
しかもヒールを履いたままで。
嬢をいったん机から降ろし、腰を突き出すように指示します。

やぶれたストッキング。
お尻のめくりあがった超ミニスカート。
黒いヒール。
そして、突き出したぬれた秘部。

こんな状況考えられますか?
見ただけでボルテージはMAX。ムスコもMAX。

ムスコの頭からジュブジュブと埋め込みます。

「hぁぁぁぁxxx♡」

好きと言っただけあって反応は良好。
そのまま腰を振ると、嬢の上半身は机の上に倒れ、手を伸ばし壁を抑え、そんな体制になりながらもヤッて欲しいの感が現れています。

「ん、ん、ん、はぁぁぁ♡。いいよ、んぐっ、スゴクいいよ!」

部屋中にパンパン聞こえます。

「んあああぁぁぁぁぁぁ、はぁぁ♡」

妄想空間にいる自分を鏡越しで見ながら、(自分も)大好きな立ちバ○クで脚がガクガクするまでパンパンします。

「ぁ、♡、、、はぁぁぁxxxxx♡」

同時に昇天となりました。


終わってBッドではなく、椅子に座り時間を見るとまだ20分そこそこ。
こんな濃厚な時間をすごしたことは未だかつてありませんでした。

「Hが終わってもまだ、服着ているなんてすごいでしょ?」

確かに、その裸体を触りたくなりましたが服を着ていたので出来ませんでした。
でも、腰を振っている時はそれが当たり前のようで考えも飛んでいました。

「ホントはね、先にシャワーなんだけど、今日はイイかな♡って思って♡」
「先に洗うんだけど、その時も嬢は着たまま洗って差し上げるんだよ」
「じゃないと、着たままのプレイが出来ないじゃん♡」

こんな教育もされているなんて、秘書検定8段くらいのものでしょうか?

そんな会話を楽しみ、エロさの一つひとつを「ミコ」嬢から感じ取ることができました。

と、ここでシャワーを勧められ、初めてミコ嬢の裸体を拝めます。

女性らしい身体つきは、○ッパイをカラフルなブラジャーで覆っています。
そのままでもキレイです。
ポンと出た○ッパイ、くびれ、既に何も履いていないお尻。

ブラジャーを取るとさらにキレイ!
小さめの乳輪はピンクに等しく、全く重力に負けていないEカップが出てきました。

ハリがある○ッパイです。
パンパン、カチカチ、ぶよんぶよん、ぼにょぼにょ。そんな期待を裏切るものではありません。

「表現は古いけどゴムまりみたいだね」と言い胸を触ります。

言い得て妙ですが、本当にゴムまりみたい。
ハリがあり、コシがある。水風船のように柔らかくもあり。
可能ならば、ポケットにしまって時間のある時に揉んで癒されたいくらい。

そんな○ッパイを触りながら、お尻も触る。
「エロ漫画に出てくる身体つき」
嬢も他のお客さんから言われたらしいのですが、正にそんな感じでした。

「あ~、そんな素晴らしい身体ならもっと触りたいよ」との要求に

「じゃあ、今度は裸でしよっ♡」

と再戦を約束しました。


時間があれば90分、いや120分も絶対楽しめる。そんな期待を大きく持てる嬢です。

「妄想空間オフィスラブ」

いや~、すごいお店です。

机を使って椅子を使って、秘書が着衣のままでサービスを提供する。
興奮度MAXのお店がありました。

久しぶりの川崎は良い意味で変わってしまい、大人の魅力を更に色濃く引き上げる、そんな街へと変貌していました。

これから、川崎へ行く頻度が確実にアップしそうな予感がします。

 【編集部 川崎投稿担当より】
お店の内容、サービスの内容、女の子のエロさなど十分な情報量でした。お店や女の子選びに役に立つ記事、感謝します。

投稿ポイント10p+協賛店ポイント10p+情報量ポイント25p
合計45ポイント

体験投稿ページはこちら
ユーザー体験記事一覧はこちら
navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ
オフィスラブ phone_forwarded