ラ・タンゴ

044-233-1313

ユーザー体験投稿
USER REVIEW

お客さんが体験したエ○チな内容を紹介する、エロエロ体験投稿。

2019.9.13
ラ・タンゴ

ゆず
20才 T148.B85(D).W57.H84

ゆずの体験記事|ラ・タンゴ 川崎大衆店ソープ

2019.09.13
【イケマン記者の体験・口コミ情報】 ラ・タンゴ ゆず


 記者名
記者名「イケマン」

 遊んだお店・遊んだコース
<大衆店>90分コース

 遊んだ時期
2019年7月

 総評 ※記者の印象です。



・お店の雰囲気
 大変満足

・泡姫のビジュアル
 大変満足

・プレイの満足度
 大変満足



 受付から女の子に会うまで
羽田空港に仕事で車で行って、早く仕事が終わったので、吉原でなく久々の川崎へ行ってみようという気分になりました。
川崎のソープといえば。
K方K三先生の「試みの地平線」で育った世代的には、「悩むくらいなら川崎のソープで行け!」というお言葉を思い出しながら、ハンドルを握ります。
しかしもう5年以上ぶりなので。
プレイガールのお店検索で。「大衆店」「お仕事系」という検索ワードを入れてヒットした2店舗から、今回はあまり情報がなかったけれど「ラタンゴ」に向かうことを決定します。
以前は「技の川崎ソープ」「サービスの川崎ソープ」といわれていた気がして、「お仕事系」のキーワードは、僕的必須条件でした・・・。

店に到着して、「フリーで写真見学」を申し出ると、出て来た写真は5枚で。
内2枚の写真が、準備だけとのことで、2枚から選びます。
一枚が今回選択指名した「ゆず」さんで、もう一枚はちょっと年齢高めいかにもお仕事系な女性でしたが。ここの所、吉原で熟女系ばかりお世話になっていたので、年齢若めの「ゆず」さん指名です。「仕事の川崎ソープ」に来ておきながら、当初のコンセプトから外れて「どうした俺?」な展開です・・・。

 女の子の第一印象
お呼びがかかり、廊下で御対面した「ゆず」さんは、「年齢若め」に加えて「かわいい系」です。階段を上がり、部屋に入って上着を預けて、Bッドに腰をかけて、とりあえず会話でもと思っても、「ゆず」さんの若さ故もあり、話題が思いつきません・・・。  

 プレイ内容
と考えている内に、「ゆず」さんドレスも、色っぽい下着も自分で脱いでしまい、お風呂の準備にかかります。
Iスに座って洗ってもらいながら、あらためて「ゆず」さんの体を眺めると、良い感じに膨らんだバストに可愛いく綺麗な乳首が、年齢の若さを証明しています。
風呂へと移動して、お風呂の中でなんとなく会話の糸口をつかんだと思いながら会話していましたが、「あれあれお仕事系は??」な雰囲気だったので、Bッドへと移動して、「ゆず」さんからのお仕事に期待です。
Bッドで乳首舐めから、フ○ラしてもらうと、可愛い系はずの「ゆず」さんのエロ顔フ○ラが気持ち良く、すぐに元気にされてしまいました。
まるで「ゆず」さんの体を舐めるでなく、触るでなく元気にされてしまったので、「シ○クスナインしようよ」と提案しましたが、「もう元気になってるよ、入れちゃおうよ」と合○の提案が・・・。しかし、ここは大人の男としてイキナリでは申し訳ないと思い、「ゆず」さんの足を広げてク○ニします。が、綺麗で可愛い「ゆず」さんのアソコの誘惑に負けて、あまり念入りでないながら挿○させてもらいました。熱くて締まりが良い「ゆず」さんの、抑えた感じの喘ぎを聞きながら、正○位から体位を変えるまもなくフィニッシュです。短時間フィニッシュでした。
「気持ち良かったぁ」と思いながら、添い寝をしていると、またまた「お仕事の川崎は?」の疑問が湧いてきて、「ゆず」さんの手を僕の下半身へと導くと、優しい手コキタイムです。
と言うまに、おやおや再びの気配を感じて。「またフ○ラしてよ」と誘ったのですが、「え、もう固くなってるよ、挿れる?」と言われ、二回戦の始まりです。
今回はバ○クでスタートでしたが、あまり休憩なしの二回戦目で、中折れを感じて、あえなく終了となりました。
とりあえずシャワーで流してもらい、またBッドで添い寝してもらいます。
張りのあるバストの触感を楽しみながら手コキをしてもらっていると、またまた3回戦の気配です。
「挿れる?」と聞かれて、2回戦目の不甲斐なさと、技とサービスを受けていない気がして、フ○ラしてもらいます。
ですが、サービスと技を堪能する間も無く。
「元気だよ。挿れよう」
と言われ三回戦目のスタートです。
先っぽを挿れただけで、その締まりの良さを感じ、ぐっと押し込んですべてを挿○すると、全体を包み込んでくれる気持ち良さを感じます。
正上位で綺麗なバストをつかみながら、その快感に耐えられず、あっというまのフィニッシュでした。
もう時間間際だったので、簡単なシャワーで、90分の終了です。
「三回、頑張ったね」とお褒めの言葉をもらったのですが。
僕的には二回半なんだけど、と心で思いながら。
最後まで技とサービスを堪能できなかったような気がしていましたが、三回戦までしてもらって、それを言うのは贅沢だよねと、思い直し。
いやいや90分で三回戦までやってくれるのだから、最高の技とサービスだとも思い直しながらの、お別れとなりました。

あらためてK方先生の「悩むくらいなら川崎のソープに行け!」を思い出しながら。
「川崎のソープは、悩まず楽しめ」と心に刻み。吉原だけでなく、川崎をまた来ようと誓いました。

 【編集部 川崎投稿担当より】
イケマン記者、ご投稿ありがとうございます!
お仕事の気分、回数の気分、そのあたりが女の子とマッチすると、もっといいプレイを楽しめた感じでしょうか? じっくり楽しみたい人もいれば、回数をやりたい人もいるので難しいですね〜。

積極的に誘ってくるのと、熱くて締まりのいいアソコは魅力的ですね〜。先っぽを入れただけで感じる狭さ、、、気になります!

またのご投稿よろしくお願いいたします!


情報量ポイント15p
合計15p

体験投稿ページはこちら
ユーザー体験記事一覧はこちら
navigate_nextイケマン記者の投稿記事一覧ページへ navigate_nextユーザー体験投稿一覧ページへ

COMPANION INFORMATION

お店に電話する phone_forwarded